平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3C解説

(12)動詞によって変わる語順

 1 「借りる」
 通常は「ガ格-ニ格」の語順です。
  (1)△彼女に 彼が お金を 借りる。
  (2)◯彼が 彼女に お金を 借りる。

 2 「変える」
 「ヲ格-ニ格」が一般的な語順です。
  (3)✕力に 悔しさを 変える。
  (4)◯悔しさを 力に 変える

 3 「行く」
 通常は「ガ格-ニ格」の語順です。 
  (5)△学校に 息子が 行く。
  (6)◯息子が 学校に 行く。

 4 「壊す」
 通常は「ガ格-ヲ格」の語順です。
  (7)△窓ガラスを 子供が 壊す。
  (8)◯子供が 窓ガラスを 壊す。

 「変える」は、変化元から変化先の順序で語順を整えるのが一般的。
 したがって答えは2です。

 

(13)副詞的な要素の語順

 文章中に「どうやら」「よく」「いつも」みたいな副詞が挙げられてます。
 「どうやら」は人の気持ちが含まれるし、後件に「~みたいだ」「~らしい」「~だろう」が呼応するので陳述副詞です。つまりモダリティ的な副詞。「よく」「いつも」は時間や頻度を表す副詞なのでテンス的な副詞です。アスペクト的副詞というのはたぶん「だんだん」「徐々に」とかです。

 この3つを使って適当に例文作ってみると…

どうやらマツコは、いつも 徐々に、オネエ言葉になるらしい。

 まずモダリティ的な副詞「どうやら」が先行して、そのあとにテンス的な副詞「いつも」が来ます。「徐々に」がアスペクト表現。
 一応順序はモダリティ、テンス、アスペクトの順で並んでますので答えは4です。

 

(14)数量詞の位置で変わる意味

 文章中には「数量詞は名詞を修飾する場合と、動詞を修飾する場合がある」と書かれています。各選択肢に含まれる数量詞の修飾する対象を変えてみて、意味が変わるかどうかを見てみます。

 選択肢1
 数量詞「2000cc」は名詞を修飾していますので、動詞を修飾する形に変えてみると「車を2000cc買った」になります。意味が変わるどころか、意味が分からなくなりました。

 選択肢2
 数量詞「50段」は名詞を修飾していますので、動詞を修飾する形に変えてみると「階段を50段上った」になります。前者は50段しかない階段を上りきったことを表すのに対し、後者は50段だけ上ったものの、上りきったのかどうかは分かりません。明らかに意味が変わっていると言えます。

 選択肢3
 数量詞「3cm」は動詞を修飾していますので、名詞を修飾する形に変えてみると「3cm息子の身長が伸びた」になります。意味は変わりませんでした。

 選択肢4
 数量詞「5人」は動詞を修飾していますので、名詞を修飾する形に変えてみると「彼は5人の子供がいる」になります。意味は変わりませんでした。

 したがって答えは2です。

 

(15)基本語順の特徴

 選択肢1
 「風邪を引きました。だから明日は学校を休みます。」の接続詞「だから」の位置を変えてみると… 「風邪を引きました。明日はだから学校を休みます。」 かなり変。接続詞について言えば文と文の接続に用いる性質上、基本はその繋ぎ、文頭に置かれます。自由に語順を変えられるとは言えなさそう。
 「あなたが田中さんですか? - いいえ、違います。」がもし「あなたが田中さんですか? - 違います。いいえ。」になったら変ですね。応答詞も語順を簡単に変えられるということはなさそうです。

 選択肢2

 私は 彼に この本を 返す。
 私は この本を 彼に 返す。
 この本を 私は 彼に 返す。

 指示表現を伴う名詞句は語順に対して影響を与えないようですね。文章中にもありますけど、日本語は語順の制約が緩やかです。前に持ってくるとそれを強調したりできます。これが格助詞の力というやつ。

 選択肢3

 ◯授業とは関係のない 日常生活の 長い 話を聞かされた。
 △日常生活の 長い 授業とは関係のない 話を聞かされた。
 △長い 日常生活の 授業とは関係のない 話を聞かされた。

 確かに長いものが先に来る漢字がします。別にどれも間違いではないんですけど、自然に出るのは一番上の例文かな。

 選択肢4

 ◯彼は 友人と 公園へ 行きます。
 △友人と 公園へ 彼は 行きます。

 「は」で示されるものは前に置かれやすいと思います。

 したがって答えは3です。

 





2020年10月20日平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説