2020年10月4日平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説

問1 動詞と格助詞

 選択肢1
 自他の混同です。他動詞「汗を出した」は使えず、自動詞「汗が出た」を使わないと。他動詞「出す」は目的語にヲ格を取るし、自動詞はガ格を取ります。ここでは「~を出す」で動詞と格助詞の組み ...

2020年9月22日平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説

1番

 「作る結果」と言っていますが、ここでは「作った結果」というべきです。
 動詞「作る」のテンス形式に誤りがあります。

 テンス/時制 (tense)とは、述語の後ろに形態素を付加することによって時 ...

2020年10月18日平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説

1番

 この教材は「初級の日本語学習者向けの聴解教材」だそうですが、偏る、炭水化物、たんぱく質、負担、気分転換、バランスなど、初級のレベルに合っていない語彙が多く含まれています。

 聴解教材内の問いは「男が気を ...