中国での生活

 今中国では「晒18岁」という、18歳の時の自分の写真を公開することが流行しています。

 今と言いましたが、本当にまさに今です!
 おそらく12月31日の年を越してしまったら、この動きはすっかり無くなることでしょう。

 実際私の朋友圈でも学生達がたくさん投稿しています。
 昨日は全く見かけなかったのですが、今日の夕方からこの動きがよく見れました。

 中国では「90后」という言葉があります。
 これは1990年以降に生まれた人を指す言葉で、彼らに対しては新しい価値観を持った若者という印象があります。
 日本で言えばちょうど平成生まれの人に近い意味でしょう。

 この90年代以降に生まれた人が、明日12月31日で全て満18歳となります。
 したがってもれなく全員成人という意味です。(中国では法律上18歳が成人)
 その記念というべきなのでしょうか、18歳の時の自分の写真を公開する動きが活発化しています。

 来年からは「00后」が随時成人となっていく新時代となります。

 私も探したんですが、18歳の時の写真なんて絶対、絶対ありません!
 もしあっても貼らないですけどね。

日本語教師のお仕事

 最後の調理実習が終わりました。解放感で最高の気分です!!

 最終日はおにぎりを作ることになりました。
 もっとも簡単で手間もほぼないので失敗しようがなく安心でした。

 と思いきや、いかなるところにも失敗の余地ってあるもんなんですねえ。
 何なら成功するんでしょう…。

 おにぎりと言っているのに、作っているのはお寿司サイズ。
 私は正しいおにぎりというものを教えていたのに完全無視ですよね。
 話を聞くのは聞くんですが、全部自己流にアレンジしてしまいます。

 異国で文化を伝えるのは難しすぎます。

 また、私が教えた調理方法あるいは料理経験が信用できないのでしょうか。
 私がやること全部受け入れてもらえません。

 私がいる意味はほとんどありません。
 お好きにやってくださいとそう思うばかりです。

 まあ今日は仕事納めですから、ゆっくり部屋で年末年始の休みを満喫したいと思います。

中国での生活

 今年も中国で年を越します。
 いつも日本で越したいなあとは思っていますが、もうこの際どうでもよくなりました。
 どうせ冬休みは2ヶ月ありますから、急がずとも十分休めます。

 一番行きたいのは神社ですが、帰国してからでも遅くないですね。
 おみくじは毎年楽しみにしているんですが、家族に代わりに買っておいてとお願いしておきました。

 帰国日は1月13日の深夜で、翌日には着くはず。
 友人に聞いたら今青森はめちゃくちゃ雪が積もってるようです。
 「2月のレベルだと思っても差し支えない」なんて言ってましたから、飛行機がちゃんと飛ぶかどうかちょっと心配ですけど。

 明日最後の調理実習が終わったら、もう特に用事という用事はありません。
 1月1日にビザの更新に行って、パスポートが帰ってきたら帰国という流れです。

 あと2週間くらいありますから、こちらにいる内に来学期の色々なことを準備しておかなければなりません。
 時間は速いですね。