日本語教師のお仕事

 この数年で私の授業スタイルが徐々に固まってきて、1年生と3年生の授業はほぼ授業の準備をしなくてもよくなりました。
 雑なこと言いますが、1年生はやまびこみたいに発話を促してある程度レールを敷いてそれに沿ってやればいいですし、3年生はもう上級なのでテーマを与えればほっといても発話してくれます。

 でも一方2年生の授業はまだまだ確立したものがなくて困っています。
 2年生になると個人のレベル差が顕著で教案の難易度設定も難しいし、マニュアル通りやってると飽きられるし、私としては妙に苦手意識があるんです。

 今までは個人発表という形式で、何かテーマを与えてそれについて考えて発表してもらうという形でした。
 でもこれだと発表し終わったら暇そうにされるし、何より成果があんまり感じられなくて微妙です。
 やり始めた当初から改善しなければならないとは思ってました。

 ということで、今学期はこの部分を一新しようと思います。
 毎週頑張って0から教案作っていくスタイルを数年ぶりにやるつもりです。

 アフレコ大会
 3~4人でグループを組んで任意のドラマかアニメを選び、10分程度の尺を学生によって吹き替え。
 準備やら練習やら時間がかかると思うので、授業で扱う2~3週間前くらいにグループ分けして通知しておくつもりです。
 今学期中に最低1回、多くても2回やりたいです。

 ほんとは審査員として他の日本人呼びたいんですけどそれはおそらく叶わなそうなので、良いところ同僚の先生1名か、クラス全体で審査する形式にしようかなと思います。

 スピーチ大会
 来年の地区大会を見据えてこの辺りからちょっとずつ練習していく予定です。適正とかも見られますし、いいタイミングだと思います。
 これは一人ひとりの発表ですから緊張度も増しますね。
 テーマは1週間前に与えて、自分の意見を3~5分程度で発表してもらいます。
 数回に分けて行うつもりなので、初回は基本的な姿勢、発声などから。2回目3回目以降は表現力などについて触れるつもりです。

 
 ちょっと広い別の教室でやれれば雰囲気出ますから、劇は1回くらいやってみたいですね。
 物語は自由に決めてもらうつもり。中国の昔話、日本の昔話、あるいは完全自作のストーリーでも何でも構いません。
 ナレーション1人、あとは演者。ストーリーの登場人物の数によっては一人二役になるかもしれません。そこも見どころになるかと思われます。
 1グループ15分くらいでしょうか。これも3週間くらい前から告知しておかないと準備が大変ですよね。
 各自使用する道具なんかも準備できればいいんですけど、コストはできるだけかけないようにしたいです。

 ロールプレイ
 これが授業の軸になりそうです。
 毎回2人~3人くらいのグループになって、何かロールプレイをしたいと思ってます。
 例えばですが、道を尋ねる人と道を教える人に分かれて会話を繰り広げたり、警察に電話して事故の状況を伝えたりとかそういうことですね。
 より実践的な会話をやってみたいです。
 今までロールプレイはやったことがなかったんですけど、4年目にして初めてやってみようかなという気になりました。
 この辺りはまだ教案が白紙なので、来週までに具体的な部分を詰めます。

 
 今の2年生はわりと調子が良いので、あとは私もとびっきりの授業で後押しできればいいと思ってます。
 また授業の準備、必死に頑張ります。

中国での生活

 昨晩10時半に無事中国へと戻りました。
 それから荷物を開けて部屋を整理して、結局今日の昼までかかりました。

 明日一日は授業の準備や今学期のスケジューリングをして、来週の授業に備えます。
 それにもとなってこのブログも再開します。
 今学期もよろしくお願いしますm(__)m

 

その他

 夏休みは既に終わりましたが、私はまだ日本にいます。
 今週末の飛行機、金曜日の夜には学校に着きますので授業自体は来週から。
 今週の授業は全てお休みすることにしました。

 今日本で何をしているかというと、りんごのアルバイトです。
 毎年お盆が終わってから葉取りが始まるんですよね。

 ところが明日晩にも台風が直撃することから、適期のりんごは全部収穫。
 強風でりんご落ちなければいいんですけど…。
 とまあ心配してもどうすることもできません。落ちるものは落ちるので諦めムードです。

 余談ですが、今日は収穫したりんごを使ってりんごジャム作りました!
 りんご4つで大体500ml容器いっぱいくらいが作れます。
 ゆっくりことこと煮こむので30分くらいはかかりますが、パンに塗って食べるとホントに合います!

 ぜひ青森のりんご、学生にも食べてほしいなあって毎年思うんですが…
 重すぎるので持っていくには向いてません。

 ジャムで持っていったら、誰か食べてくれるかな?