日本語教師のお仕事

 7月3日にJLPT(日本語能力試験)があります。日本語専門にとっては何よりも重要となる試験で、大学のうちに1級取得することを全ての学生が目標としているわけですが、当然ながら全ての学生が合格できるわけではないのが現実です。今年度3年生は既に4名合格しており、2週間後の試験でどのくらいの学生がまたパスしてくれるかに、教員たちも後輩たちも期待を寄せています。

 そんな中、3年生に一人心配な学生がいます。彼女はN2試験に3度目で合格した過去があり、日本語に対して非常に苦労を重ねてきた学生です。今回は初めてのN1試験、誰しも合格できるだろうかという思いはあるはずですが、彼女の場合は尚更です。
 今から1~2週間くらい前だったと思います。それまでは私が自習室に行けば必ず自習していて、私に鬼のように質問を投げかけていたのですが、突然教室から姿を消しました。彼女に聞いたら「なんだか分からないけど勉強する気持ちがなくなってしまった」と言ったのです。同時に「先生、どうしたらいいですか?」なんて聞かれたんですが、勉強する気がない時は一律に「したくない時にしてもどうせ覚えないから、したくなるまで待てばいい」と返すようにしてます。これに対して大体不満顔なんですが、実際は結局そんなものです。

 当たり前ですがのことですが、勉強する気がないのには異なる背景があります。試験までの期間がまだまだ余裕があるので勉強しなくてもいいという安心感によるもの。合格に対してよほどの自信があるパターン。勉強よりも何か熱中することがある場合等々。学生を見て一人ひとりに正しいアドバイスを出来るなら、これこそ目指すべき教師たるものの姿です。しかし彼女の場合はもっと深刻なものです。
 前述したように、彼女はN2に2度落ちて大変な苦労を重ねてきました。恐らくですが、試験前に勉強しないことで、もし落ちた時に言い訳ができるようにしているかもしれないのです。心理的な作用で無意識でしょうけれども、本当にそうならとても心配です。

 卒業するまでに試験に挑戦できるチャンスはあと2回。今回を諦めるようなことは客観的に見るともったいないと思いますが、私が言えることはやはり一律同じ。余計な事を言って心をえぐるようなことはしないに越したことはありません。とにかくみんな頑張って!と応援するのみです。

日本語教師のお仕事

 昨日主任から電話が来て、来学期の授業についての説明を受けました。1年生と2年生は例年と同じく会話を受け持ち、3年生は日本経済、スピーチと弁論の2コマ。そして残念なことに4年生(現在の3年生)の授業は無くなり、授業を通して関係を持つのは1年~3年だけとなる予定です。毎週の会話は継続しようと思っているので全く会えなくなるというわけではありませんが、言い換えると皆で教室に集まるということがなくなる。本当に、残念です…。 しょうがないことですが、もしできることなら唯一の外教として全学年と常に関係を持っていたいものです。

 それだけではなく、今日本語学科は深刻な教師不足に陥っています。1人は産休で、2人は出張により来学期いません。片手ほどの先生しかいない中で1年生から4年生まで授業を回すのは非常に大変で、既に教師たちの稼働率が例年より高くなっています。そこで昨日、博士号を持った新しい2名の教師を受け入れるべく面接が行われました。2名来るかどうかは別ですが、少なくとも来学期1名は増えると思われます。1名増えても…という感じですけど、新しい仲間が増えること自体は嬉しいですね。

 一度言い出すとなかなか止まりません。小さな不満こそ結構あるんですが、大きく見ると意外と実は満足しています。ただ日本人と話す機会がないですから、度々ここを借りて言いたくなるときもあるんですよね。

日本語教師のお仕事

 ついさっき今学期最後の一年生の授業が終わりました。今回は授業はせずに教室を離れ、大学構内にある小さな公園へ行ってみんなで記念撮影! 最後は最後らしく、楽しいことをしたいと思っていました。

 今から写真を撮るよ!と行った途端に鏡を見出すのも女の子らしく、一度撮り始めると堰を切ったようにはしゃぎだしました。しまいには自撮りを始めたり、寮ごとに独自の記念撮影をしたりと、快晴なことも相まって結局30分くらい公園にいました。私の自慢、写真に映る17人の一年生たちです。うまい具合に逆光が効いていて綺麗な写真になりましたね。

 教室に戻ってからは心を入れ替えて一作業。大学生活のうち1年が過ぎたことについての感想を一人ひとり1分程度発表です。考える時間を与え、紙に書いてもらいました。

 日本語に対する苦悩や後悔を語るのがほとんどで、やはり難しいと感じているようです。ところが前向きに2年生も頑張るといってくれた人も多く、私も頑張らないとなと思いました。自分の日本語に自信がない人がたくさんいますが、この1年で成長していることは明らかですから、その点は本当に褒めてあげたいです。
 私としても今の一年生がいるから中国でもっと仕事したいと思えているので、感謝したいことがたくさんあります。学生の発表が終わった後、みんなに向けて私も今年1年について話しました。客観的に見るとさながらこの学校を去ることを決めているような雰囲気で、途中何だか知らないけど泣きそうになってしまいましたね…。来学期9月になるとまた会えるというのに不思議な感情です。まあ、今学期最後らしくて、結果としてよかったかなと思います。

 上の写真はとある1年生の内容です。1年を振り返り、2年への覚悟が伺える素晴らしい文ですね。これらの紙は発表した後に回収しました。1年後、あるいは卒業の時にみんなに返却したいと考えてます。こういうタイムカプセル的なことを1年2年生のうちにたくさんしておきたいと考えてます。