中国での生活

 先日北京から青森への航空券を電話にて買ったわけですが、どうやら発券を担当した方のミスで、私の航空券は何やらおかしいルートを通ることになりました。本来、北京→仁川→青森というルートで帰りたいんですが、北京→仁川→千歳→青森になっています。

 一回北海道の千歳空港を経由することで、自宅への到着時間が3時間ほど遅れます。何のために千歳に行くんでしょうか? 本当に腹立たしい・・・。なお、千歳→青森間の航空券は、先方がミスを認めたことで無償提供となりました。当たり前ですね。

 こんな無駄な事はありません。おかげで当日の予定が潰れてしまいました。
 航空券予約はもう絶対電話でしません。ネットで予約するのが確実ですね。

日本語教師のお仕事

 あと2週間もすれば学校は夏休みになります。中国は日本と違い、9月に新年度になるため、今大学は卒業式ムード。毎日ガウンを着た学生をどこかで見つけます。

 学生から聞きましたが、6月20日になると、4年生は寮には居られなくなるようです。ですから荷物をまとめる4年生の姿がよく見られました。

 白い袋に入れられているのは紛れも無く4年生の荷物です。決してゴミではありません・・・。私は恥ずかしながら最初はゴミかと思い、一緒に歩いてた学生に「ゴミじゃないですよ!」と言われてしまいました。日本ならダンボールに入れるところ、中国ではダンボールは一般的ではないようです。

 また、河北省の各都市への宅配は重量により料金が変わります。一斤とは0.5kgのことで、学生は「高い!」と言ってましたね。たくさん荷物があれば何十元もかかるでしょうから、学生には確かに高いと感じるかもしれません。しかし、日本と比べると驚くほど激安。羨ましい限りです。

 荷物の整理だけではありません。今日から学内ではフリーマーケットが開かれています。4年生がもう必要なくなった日用品や参考書などを格安で売り出し、下級生が買います。毎年この時期はよくある光景だと聞きます。先ほど、夜10時ごろになっても学内はフリーマーケットで賑わい、大変活気に溢れてました。

 4年生が卒業するということは、新しい1年生がやってくる・・・。楽しみですね~

中国での生活

 7月2日の夜出発。深夜2時30分発の飛行機で北京から青森へ帰ります。その際仁川で4時間半くらい滞在するわけですが、この間日中ではないのでどうなることやら・・・。きっと眠気と慣れない移動で、心身共に疲れていることでしょう。帰国まであと3週間切っているということで、残りの時間、精一杯頑張ります。