中国での生活

今日はクリスマスイブ。日本は恋人の日として街中賑わっている頃かと思いますが、こちら中国では日本ほどの盛り上がりはありません。一般的に、友人や親しい人間へリンゴを送ることが風習となっています。リンゴは中国語で「苹果(ping2 guo3)」といい、平安(ping2 an1)の平と発音が同じ事から、平穏無事を祈る意味が込められています。

先ほど学生から2つリンゴを貰いました! 下の丸い部分にリンゴが一つ入っていて、それを包む大量の包装紙はリンゴの重量に匹敵します。ここ最近道路脇では丁寧に包まれたリンゴを売る店がちらほら見られました。この日に合わせてリンゴを目当てにする学生が多いのかもしれませんね。

中にはメッセージカードまで入っていました!学生からプレゼントを貰うことは素直にとても嬉しいです。

さて、この後夜7時から圣诞节晚会(クリスマス会)が盛大に開催されます。外国語学院が主導となって企画された1年に1回の大イベントなので私も見に行くつもりです。英語の先生方が何かするとかしないとか・・・? 中国で過ごす初のクリスマスは賑やかになりそうです。

中国での生活

 本日VISAの更新をするため身体検査や警察での手続きを行う予定でした。ところが、大気汚染の原因で視界が極端に悪いために河北省全土の高速道路が通行禁止となり、行くことが叶わずとんぼ返りです。

 通行止めの理由が大気汚染だなんて驚かずにはいられない理由ですが、こういったことはよくあるようです。中国の高速では120km出した上でみだりに車線変更することくらい日常茶飯事ですから、視界不良の中ではどのくらい危険か用意に想像できますね。

 関係ない話ですが、合図なしで車線変更なんて本当に普通だし、車線はあってないような存在ですから車体はいつもブレまくり。私は車で酔うことは全然ないんですけどね、中国に来てからよく酔います。とりわけタクシーの運ちゃんは客を酔わせることに関してプロフェッショナルだと思います…。

 来週再び行く予定です。今度はPM2.5が無いように祈るだけです。

中国での生活

 この写真は確かに中国の現状です。毎日ではありませんが、少なくとも週の半分くらいは、程度はともかく大気汚染の影響が確認できます。「雾霾(wu4 mai2)」という中国語があります。日本語にすると「ウーマイ」になりますね。所謂PM2.5によって汚染されている天気をこう呼びます。

 先日、私が住んでいる所が中国全土で汚染度1位となりました。北京や天津に近い事もあり、1位ではなくとも連日TOPの常連となっているこの地域。学生は皮肉たっぷりに「今日の天気は良いですね~!」なんていうものだから、これはもう笑い飛ばすしかないですよね。

 Q.北京の天気は美味しいですか?
 A.雾(う)霾(まい)です。

 なんていう日本語専門の中でしか通じない皮肉も流行っており複雑な気持ちです。まっ、天気に負けず、心に余裕があるのは良い事ですかね!