教案, 二年後期 作文

 1回目の作文の授業です。
 この授業は先学期から入念な準備をしてきましたので、早くやりたい気持ちがありました。

 本来は2年前期と2年後期にそれぞれ作文の授業がありますが、前期は別の先生が行い、後期は私が行うこととなりました。
 したがって作文の基本的な書き方はすでに習得しているものとして考え、そのあたりの導入は省いてひたすら書くことに徹します。

 まずは最もやりたいと思っていた交換日記です。
 B6サイズの手帳のようなものを3冊用意し、その1ページ目に何月何日誰が書くか記したスケジュールを、2ページ目には以下の交換日記の書き方を貼り付けました。

 スケジュールは3冊全て異なり、同じ日に同じ人が複数書くことのないように調整しています。
 交換日記ですから手渡ししていくことが絶対です。
 ですから授業がなく会う機会もない週末土日はお休み、その他祝日等あればそれも同様お休みです。

 記念すべき最初のページは3冊とも私が書きました。ここはテンプレみたいなものですから適当です。
 進捗は毎週作文の時間にいったん回収して確認する予定です。

 この交換日記の素晴らしい点は次の人に何か質問をして、次の人がそれに答えるところです。
 こうすると交換を繰り返すモチベーションを高められます。
 また、交換が繰り返されれば繰り返されるほど日記としての価値は高くなり、久しぶりに自分の手元に戻ってくる頃にはきっと”小説”に変わっていることでしょう。

 そしてこの学期が終わる頃にはきっと素晴らしい宝物になっているはずです。

 一通り交換日記の説明が終わったらさっそく作文。

 まずは何でもいいので紙を用意させました。
 次に「私はボールを投げました。」と書かせます。みんなにです。
 学生にはこの続きを自由に考えてもらいます。時間は5分です。

 説明もなく突然だったので驚きの顔だったんですが、自由に想像して考えてもいいと伝えたら早かったです。
 みんな書き終わったところで数名に聞きました。

 「ボールは人の頭に当たりました。彼を連れて病院に行きました…」
 「(バスケットボール)見事3ポイント入りました…」

 聞いていく過程で書き出した作文の想像力を褒めてあげます。
 4級試験には作文がありますが別に事実だけを書く必要はない。とりあえず嘘もいいよ、自由な発想で書けばいいよと固定観念を取り払うことから始めました。

 もう1回練習です。
 「私は転びました。」に続く文を考えてもらいます。
 「頭から血が出ました…」
 「人がたくさん見ていましたので恥ずかしかったです…」
 などなど。

 これは今後も継続していきたい練習です。
 私のひそかな期待は、想像力が高まった末に奇抜さが出てくることです。
 「私は転びました。雨が降っていました。」と、このくらい詩的な文を書いてくれたら大成功かな。

 
 そして第1回目のメインテーマ「三題噺」。
 三題噺とは適当な言葉を3つ折り込んで即興で演じる落語のことです。これを作文でやってみました。

 今回は「チョコ」「雑誌」「殺人」
 三題噺は面白かったんですが、中には力技を使う人もいました。
 これはダメだよとは絶対に言いませんが、何度かやればもっと独特なのが生まれてくるかもしれませんね。

 書いてもらったものは回収して来週までに訂正して返却します。
 まず1回目でしたから、私の作文の授業の雰囲気を掴んでもらうことに重きを置きました。

 以上、1回目の作文でした。

教案, 二年後期 会話

 第2回目のテーマは「この大学がもっと良い大学になるために大学がすべきこと」です。

 テーマを発表する前に私の大学に対しての不満で雑談。
 もっと給料が高いほうがいいなあとか、待遇が悪いなあとかそんな話です。
 内容は半分本当、半分冗談! 掴みなので多少誇張はありますけど、とりあえず学生が笑ってくれればそれでいいです。

 まずはこのテーマについて一人ひとり考えてもらいます。
 5分くらい時間を与えました。

 15人の回答を紹介します。

 エアコン設置 … 寮と教室に設置してほしいという要望です。エアコンがあるところは大抵大きめの教室だけです。
 Wifi飛ばす … 大学構内にフリーWifiを飛ばしてほしいということですが、実は以前はありました。めちゃくちゃ遅くて使い物にならなかったです。2万人の同時接続に耐えうるのを導入するのはやっぱりコストもかかりますね。
 寮を広くする … 今の寮は15畳くらいに最大8人詰め込まれ…。といっても中国ならどこでもそんな感じじゃないですか?
 トイレ環境改善 … トイレはものすごく汚くて不衛生。写真で見せようにもよくないものが映りますので見せられません…。
 新しい教室 … 外国語学院の建物は結構古いので建て替えてほしい。要求するのは簡単だけど…。
 パソコンを新しくする … 教室に設置されているコンピュータ、パソコン室のパソコンを最新のものに。
 構内に飲食店を … 小さめの商店は点在してますが、スーパーやレストランはありません。これがあれば確かに便利です。
 ベッドに机を設置 … 寮のベッドは簡易式のもので、寝るところしかないようです。これでは夜寮で勉強もできないし、化粧もできないと言ってました。
 昼休みを長く … 今2時間のところをあと30分長くしてほしいようです。
 浴場を増やす … 非常に多くの学生が少ない浴場を共有しているので、現状シャワーを浴びる時間帯をずらすなど工夫が必要だそうです。
 使用できる電圧を高く … 寮ではドライヤーなどは使用禁止です。使うと罰として数日停電させられるとか…。女の子ならちょっと可哀想です。
 体育館で体育の授業をしたい … これから暑くなると30度を超える気温の中、グラウンドで体育の授業を強いられます。冬どんなに寒くても、どんなにPM2.5がひどくても変わりません。
 図書館の席を増やす … 図書館は夏場はクーラーが効いていて静かなことから自習に人気な場所ですが、席があまり多くないので毎日座れない人で溢れています。
 教育施設の充実 … 日本語と関係があるところを言えば茶室とか。あとは調理室、視聴覚室などですね。

 これからグループごとに一つの意見にまとめてもらいました。
 時間は休憩時間も含めて20分与えました。

 各グループの回答です。

 寮の環境改善
 ・壁が薄い
 ・ベッドはきしんでうるさい

 エアコン設置
 ・これ以外の問題点は我慢できるが、暑さだけは優先的に改善してほしい。
 ・エアコンを設置すれば勉強効率が高まって成績が上がるはず。

 電力使用の制限解除
 ・ドライヤーや扇風機など使用できるようにしてほしい。
 ・各寮ごとにお金を払うことで維持する。

 寮のトイレの環境改善
 ・トイレの壁には広告のビラだらけ。
 ・清掃のおばさんは仕事が雑。
 ・床には水が溜まっている。
 ・臭いが気になる。
 ・洗面所なのに鏡一つない。

 様々な質問がありました。
 鋭く切り込む質問者には池上さんみたいに「良い質問!」と言ってあげるようにしてます。
 こうすると場が安定する感じがします。

 盛り上がりは文句なしでした。
 ただ一点反省しなければならないことは「良い大学とは何か」を定義しなかったことです。
 まずこの前提が定まらなければディスカッションも曖昧になりがちです。今回はあまり気になりませんでしたが、次から気を付けます。

 以上、第2回目でした。

中国での生活

 これめちゃくちゃ美味しいんです!日式豚骨面、つまり豚骨ラーメン。
 先学期これに出会って以来、インスタントラーメンはこれ一強。

 日本の豚骨ラーメン味は確か2~3種類くらいあるんですが、他のは5袋20元くらいでやや高め。
 これは12元くらいだったかな? かなり手ごろで大好きです。

 ちなみに日本人なら馴染みがある醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメンなんかは中国ではほんと見かけません。
 日本料理店なら醤油ラーメンがあるかなーくらい。

 でも日本にいる中国人の友達は味噌が大好きと言ってたのを聞いたことがあります!
 多分中国の方々も味噌ラーメンは美味しく食べられるんじゃないかな。

 康师傅さん!
 豚骨ラーメンに加え、今後は味噌ラーメンの販売も期待してますよ!