JLPT N1文法講座

~が早いか


 「が早いか」の前後の動作が同時発生していることを強調している。過去のことのみに使える。

~や否や


 A発生後、B発生の突然感を強調している。過去のことのみに使える。

区別

 接続はどちらも同じ。
 「が早いか」は「~したらすぐに」とほぼ同じだが、同時発生を強調する点、過去のことにしか使えない点は異なる。
 「や否や」の後ろには意外性のある動作が来るので、突然発生してビックリしたニュアンスが含まれる。

JLPT N1文法講座

~の至りだ


 「光栄」「若気」「感激」等の慣用句が多い。

~の極みだ


 「痛恨」「疲労」「贅沢」「感激」等の慣用句が多い。

区別

 この2つは明確に区別することは難しい。
 「光栄」「若気」は至り、「痛恨」「疲労」「贅沢」は極みと接続するが、入れ替えると違和感がある。

JLPT N1文法講座

~限りだ


 感情に関する単語と接続する。例えば「悲しい」「寂しい」「幸せな」「幸せの」などなど。

~極まる・極まりない


 「極まる」と「極まりない」はそれぞれ肯定・否定形で意味は真逆のように思われるが、実際は同じ。「極まりない」の方が頻繁に使う。「
 「感極まる」は慣用表現。

~といったらありゃしない


 「~といったら」の後ろの種類が多い。「~といったらない」と「~ったらありゃしない」は口語表現。

区別

 「~限りだ」は感情の単語とのみ接続される点に注意。
 強調をする働きは同じだが、接続はそれぞれ違う。