中国での生活

 私は3月4日に中国に来ました。もうすぐ1ヶ月が経過しますが、今日始めて雨を経験しました。噂に聞いていた通り、河北省は本当に雨が降らないようです・・・。

 しかし、写真に写る地面を見てください。濡れていないところがあります。本当に弱い雨です。雨が降っているのかどうか本当に分からないレベル。例えるなら震度1の揺れでしょうか、傘を差す意味は全く無いのです。しかし、傘を差している意味はきっと純粋に雨をしのぐだけではないのかもしれません。恐らく”大気汚染+雨”を嫌っている? 明日学生にしっかり確認してみたいと思います・・・。

 学生と一緒にいて「しとしと雨が降っている」と私は言いましたが、言葉を発した後に間違いに気づきました。「しとしと」は風があまり無くて弱く静かに降る印象がありますが、今日の雨はそれ以上に弱い。それより弱く適切な表現を持ち得なかったので、私は学生に「これは雨じゃないみたいだ」と言いました。そしたら「廊坊の雨はいつもこうです。」と返ってきます。

 雨は降っても、降らないようなもの。そういえば、学校内には川はもちろん、小さな池すらありません。大地や河川が潤うのは期待してはいけないようですね。

 さて、授業が終わったら学生とお昼ご飯。
 12時に授業が終わり、学生は一斉に食堂へ。ごった返すとはまさにこのこと。そんな中、私のご飯を買うために並んでくれる学生には毎回感謝してます。

 拌面 (ban4 mian4)

 麺と書かれているので、ラーメンの一種でしょう。特徴はスープがほぼありません。食べる前に底にある味噌のような調味料と麺をかき混ぜます。味はとても濃い!!と最初は思ったんですが、食べているうちに慣れてしまう、不思議なものです。今実家のご飯を食べたら、味が薄いとか思っちゃうかもしれないのが少し怖いですが・・・。 とても美味しいですよ。これで4元(80円)。おなかいっぱいになるには十分な量でした。

中国での生活

米线 (mi3 xian4)

 知り合いの日本人が、ここの米线は美味しいよと言っていたのを思い出して、今日行ってきました。

 とても美味しかった!まるで日本のうどん。ダシはややこってりで、うどんより若干細く、コシのない麺です。

 具材は魚豆腐ともやし、チンゲン菜、黄色いのが豆腐麺。米线は鍋の底に大量にあります。一人当たり10元ちょっとで信じられないボリューム。絶対また行こう。

日本語教師のお仕事

 今日も1年生の子を引き連れて晩ご飯!

 好きな食材を好きなだけ選び取って、その総重量で料金が決まるお店に行ってきました。食材は多種多様で、野菜、きのこ類、お肉、豆腐、練り物などのトッピングがあります。それからインスタント麺、そば、春雨などから選び、自分好みのどんぶりを作るシステム。

 こういう店なら、自分が食べられるものだけ選べるので助かります。今日は久しぶりに好きなものを好きなだけ食べたような気がしますね~

 こっそり写真を撮ったつもりが、ばっちりカメラ目線で笑顔を作られてます・・・。この子は王さん。まだまだ日本語が聞き取れないし、話してくれません。それでも性格が明るいので、私と臆することなく接することができます。その点は本当にすごい! あとは勇気を持って話してくれるといいのですが・・・。どうやってアシストすればいいのか、私もまだ考え中です。

 食事の後は、バドミントンに誘われました。
 夜だというのに寮の周囲ではバドミントンをする姿が多く見られます。最初は数人の1年生と遊んでいたのですが、「先生が来てる」という噂を誰かが広めたせいで次第に学生が増えて増えて・・・。主な明かりは街灯だけ。羽根が高く上がると逆光で見えなくなるのも夜ならではです。けど十分楽しめました。何人も集まると日本語を話すことの抵抗が薄れるのでしょう。こういう交流は今後も続けていきたいですね。私との関係を縮めることが日本語の上達に必ず役に立つはずですから。

 明日もまた予定があります。忙しいですが、毎日こつこつと学生のために頑張ります!