その他

 今まで海外IPからのコメントを弾いていたことに気が付きませんでした…。
 405のエラーコードなんて私初めて見たんです!

 でももう大丈夫です!!!
 設定を変更しましたので、これから日本はもちろん中国からでもコメントができます
 できるはずです。できなかったら直接メールフォームからでも教えてください!

 (*m_ _)m 今後もよろしくお願いします。

中国での生活

 こないだ作文の授業で「旅かえる」という単語を目にしました。
 たぶん中国のそういうアプリの名前を直訳したんだろうと思って特に気にも留めなかったんですが、これ実は日本で作ったアプリだったんですね…。
 学生から教えてもらって初めて知りました。

 旅かえるは旅好きのかえるを旅に送り出し
 のんびりと帰りを待つアプリです
 
 かえるに旅のもちものをしたくしてあげると
 旅の様子を「写真」でお知らせしてくれたり
 旅で手に入れた各地のめずらしい「おみやげ」を
 プレゼントしてくれます(もらえないこともあります)

 
 ちらっと見せてもらったんですけど、このかえるは旅行に行って結構な時間留守するみたいですね。
 どのくらい居ないの?って聞いたら「36時間」って言ってて腹を抱えて爆笑しました。

 旅行に行くと行った先の写真を持ち帰ってくるようです。
 その写真は日本のいろんな観光地の写真があるので人気があるんでしょうかね?

 ちなみにうちの学生の50%くらいはやってて流行といってもいいレベル。
 ほかのところは分かりませんけどね。

 
 あんまり関係ない話ですけど、アマエルのようにマ/ナ/バ/ガ行の音が来ると後続する音は強制的に濁音化します。
 だから普通「旅える」になると思うんですが、そこはわざと「旅える」なんですね。

 確かにこっちのほうが絵ともマッチした可愛らしさが出てます!

日本語コラム

 以前告白の日本語について教えたことがありました。

(人´∀`) 告白するとき、日本語でどう言うか知ってる?
(*´・д・) 知ってます! 私はあなたが好きです!
(人´∀`) そうそう、よく知ってるねー
 
(*゚Д゚) (…ん? 普通”私はあなたのことが好き”って言うよな…)

 我喜欢你、我爱你、我想你…
 普通に訳せば「あなたが好き」ですけど、実際告白の場面では「あなたのことが好き」と言います。
 この「こと」って必要? どんな意味? 調べてみたら4つの説がありました。


 

①距離感を表す

 「こと」は距離感が近くならないようにしている

  (1)客観的見て、君は私たちのことをどう思う?
  (2)私は彼らのことは全然知らない。

 (1)は君と私たちが異なるグループなので、「こと」を使ってその距離が離れていることを表しています。(2)も同じです。
 同じグループでも客観的に見る場合は距離感を表したりします。

 

②曖昧な表現

 「私はあなたが好きです。」は直接的に聞こえるので、「こと」を加えてやや曖昧にしている
 
  (3)最近仕事のほうはどうですか?
  (4)空いたお皿のほうをお下げしてもよろしいでしょうか?
  (5)試験を受けてみた感じ、合格したかなと思う。

 「ほう」や「かな」は物事を曖昧にする表現であり、「こと」もこのような役割があるのでは?という説です。
 私も最初そう思いました。
 

③強調

 「あなたのことが好きです」の方が「あなた」を強調している感じがする。
 「他の人ではなくあなたが好きです」のような排他的なニュアンスを生み出す。

  (6)あなたのことが好きです。
  (7)私のことが好き?

 もし学生に簡単に説明しなければならないとすればこれは単純明快です。
 しかし排他的表現は格助詞「が」が担っているとするのが一般的なので個人的に間違ってる感じがしますけどね…。

 ちなみに格助詞「が」は、それより前の部分を強調し排他的ニュアンスを加えます。
  (8)私が佐藤です。(他の誰でもなく)
  (9)あの人が盗みました! (他の誰でもなく)

 

④対象の関連を表す

  (10)先生は私の作文のことを褒めてくれました。
  (11)政治のことはあまり詳しくない。

 この「のこと」は「~について」に言い換えることができます。「~について」は対象の関連を表わす文法です。
 たとえば(10)では、「こと」を加えることで「私の作文」それ自体だけではなく、それ以外のいろいろな部分(内容、書き方、字の美しさ、表現方法、文法など)も含めて総合的に褒めています。

  (12)あなたが好き。
  (13)あなたのことが好き。

 「あなたが好き」は人格や容姿を指しているのに対し、「あなたのことが好き」では人格や容姿も含め、今まで過ごしてきた時間や関係性も全て含めて総合的に好きという意味です。

 

まとめ

 個人的には④対象の関連を表すが最も有力だと思います。
 学生に教えるときは「~について」と一緒に教えると分かりやすいですね。

 よく分からない人はあまり深く考えないで、おまじないだと思って「こと」をつけましょう!