平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(14)解説

 平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(14)は【取り立ての対象】の問題です。

 自分では全く分かりませんでした。他の解説されてるサイトによると、選択肢1~4の取り立て助詞の対象は述語で、5は主語だそうです。この説明でもよく分かりませんでした…。

 1 対象は述語
 2 対象は述語
 3 対象は述語
 4 対象は述語
 5 対象は主語

 ※ここからは推測です。
 1~4は取り立て助詞がサ変動詞の後ろに置かれているので、これが対象が動詞(述語)になる理由になるのかもしれません。また、取り立て助詞がなくても文は成り立ちます。
 しかし5は名詞の後ろに置かれ、「でも」が無ければ文は成り立ちません。

 1 ◯微動しなかった
 2 ◯出血しなかった
 3 ◯入賞できなかった
 4 ◯想像できなかった
 5 ✕教員できなかった

 例えば5をこのように言い換えてみると、「でも」の位置は動詞の後ろではないことがはっきりします。

5’ 監督していた教員でも、事故を防ぐことはできなかっただろう。

 したがって答えは5です。





平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説