平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(12)解説

 平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(12)は【逆接条件の表現】の問題です。

 1 仮定の逆接
 2 仮定の逆接
 3 確定の逆接
 4 仮定の逆接
 5 仮定の逆接

 1、2、4、5は仮定の逆接です。前項で仮定の事柄を述べ、後項には順当でない事柄が続きます
 3は確定の逆接です。前項で確定している事柄を述べ、後項には順当でない事柄が続きます
 つまり既に発生しているか、まだ発生していないかで区別されます。

 したがって答えは3です。





平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説