平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(6)解説

 平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(6)は【「から」の用法】の問題です。

 1、3、4、5は、「から」の前項が「~ておく」などと事前準備の表現がなされています。2だけそれがないので、私は2が答えだと思いました。しかし他の解説されているサイトを見ると、答えは2だったものの理由が異なりました。
 それによると1、3、4、5は、「から」の後項が相手に対して何らかの行動を促しているのに対し、2は行動を禁止しています。

 なるほど… このような問題は他の言葉に言い換えたり、前項や後項に着目したり、意味から考えたりと様々なアプローチがあるので難しいです。

 1 「から」の後項で行動を促している。
 2 「から」の後項で行動を禁止している。
 3 「から」の後項で行動を促している。
 4 「から」の後項で行動を促している。
 5 「から」の後項で行動を促している。

 したがって答えは2です。





平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説