平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3D解説

 平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3D
 D【「正しい」日本語】

 

(16)規範主義と記述主義

 言葉について考える際には、規範主義と記述主義の2つの立場に分けることができます。

 規範主義日本語の表現の正しさ、文法的な正しさを重視する立場です。規範とされる日本語とは食い違っている「ら抜き言葉」「さ入れ言葉」「全然~肯定表現」などの日本語の乱れを否定的に捉え、規範に合っていなければ直します。言語教育に関わる人に必要な立場です。

 一方、記述主義現実の使用実態を重視する立場です。言語は本来的に変化するものとし、日本語の乱れについても実際に言語として運用されていることを事実として肯定的に捉えます。言語研究者に必要な立場です。

 ちなみに…
 言語研究では、大きく分けて形式主義機能主義の2つあります。形式主義は言語そのものの仕組みを明らかにしようとするもので、ソシュール、ブルームフィールド、チョムスキーの研究がこれに属します。これに対して、機能主義は言語が具体的な場面・文脈でどのように用いられるかを明らかにしようとするものです。

 したがって答えは3です。

 

(17)規範主義と記述主義②

 学習者の発言に対して、規範主義と記述主義のどちらの立場で判断すればいいのか迷うケースを選びます。

 1 全然おいしかった
 規範主義では文法的な正しさを重視しますので、「全然」に対して否定表現が呼応していないこの発言は間違いであるとみなされます。しかしながら、実際の言語運用の場面において「全然」に肯定表現が呼応することが多くなっており、記述主義ではこのような事実を重視する立場を取っています。
 したがって「全然おいしかった」と言われると、日本語教師はどちらの立場で判断すればいいのか迷います。

 2 あの店は安いだった
 い形容詞の過去形は「い形容詞語幹+かった」、な形容詞は「な形容詞語幹+だった」です。この発言はい形容詞とな形容詞の接続を混同している誤用です。規範主義においても記述主義においても誤用はただの誤用ですので、このケースは判断に迷いません。

 3 コップを置きてください
 イ音便化して「置いて」とというべきところを「置きて」になっている誤用です。このケースも判断に悩みません。

 4 いちばん大事は家族です
 「大事」はな形容詞ですので、この場合は名詞修飾形の「大事なの」としなければいけません。品詞と接続を間違っている誤用ですので、このケースも判断に悩みません。

 したがって答えは1です。

 

(18)コーパス

 コーパスとは、自然言語処理の研究に用いるための基礎資料として、書き言葉や話し言葉の自然言語の文章を構造化し、品詞や統語構造などの言語的な情報を付与して集積した大規模なデータベースのことです。コンピュータ利用が進み、電子化されています。

 したがって答えは2です。

 

(19)コロケーション

 1 デノテーションとコノテーション
 記号が意味を指し示す方法として、デノテーション(denotation)とコノテーション(connotation)があります。
 「太陽」という記号が太陽系の中心に位置する恒星を示すときはデノテーションとしての意味ですが、「明るい性格」「温かい人」などの抽象的な意味として認識される場合はコノテーションとしての意味になります。デノテーションは普遍的で明示的なのに対し、コノテーションは言外の意味を表すので、個人の考え方によって左右されやすい暗示的なものです。

 「部屋が暑いね」という言葉にデノテーションだけを感じ取った場合は「そうだね」と共感するだけにとどまります。しかしコノテーションを感じ取った場合は、「クーラーをつけようか?」「窓を開けようか?」などと返すことができます。これは”部屋が暑いからどうにかして欲しい”という相手の気持ちを察したための反応です。

 2 コロケーション
 慣習的に用いられる単語と単語の組み合わせを指します。「辞書を使う」「辞書を見る」と言っても意味は分かりますが、通常は「辞書を引く」「辞書で調べる」と言います。このような言葉の自然な組み合わせのことをコロケーション(collocation)といいます。学習者が生み出す文の文法は正しくても、出来上がった文が自然であるとは限りません。
 「雨が降ってきたので、傘を使った」という表現は文法的には問題がありませんが、通常は「傘を差した」と言われ、こちらのほうが自然な表現です。

 3 コミュニケーション
 コミュニケーション(communication)とは、気持ちや意見などを、言葉などを通じて相手に伝えることです。

 4 コンタミネーション
 意味の似た二つの語や句が部分的にまざり合って、新しい語や句ができることで、混淆ともいいます。
 「とらえる」+「つかまえる」→「とらまえる」
 「やぶる」+「さく」→「やぶく」

 したがって答えは2です。

 

(20)文体の統一

 1 近年、コンビニ店舗数はすごい増加傾向にある。
 「すごい」は話し言葉で、他は書き言葉です。文体は統一されていません。

 2 調査したけど、詳細な理由は不明であった。
 「けど」は話し言葉で、他は書き言葉です。文体は統一されていません。

 3 対象は関東在住の20代から30代の奥さんである。
 「奥さん」は話し言葉で、他は書き言葉です。文体は統一されていません。

 4 このデータについては資料1をご参考されたい。
 「ご参考されたい」が正しい表現なのか間違った表現なのかよく分かっていませんが、教授や偉い先生方が講演や学会などで使うことがあります。それはともかく、少なくとも文体は統一されています。

 したがって答えは4です。