【N3文法】~というものは/~なるものは

N3文法, 日本語の文法

説明

接続

 名詞+というものは
 名詞+っていうものは
 名詞+ってものは
 名詞+なるものは
 

意味

 …这种东西
 

解説

 前項について一般的に認知されている客観的な事実を後項で述べます。
 「~っていうものは/ってものは」はよく口語で用いられ、「~なるものは」は書き言葉です。
 

例文

 (1) チャンスっていうものは、なかなか来ないものだ。
 (2) 人生を変えるきっかけというものは、日常の何気ないところに転がっている。
 (3) 人ってものは強欲なものだ。
 (4) 経験というものはその人の考え方を形成する重要な要素だ。
 (5) 性格っていうものは親や交友関係などの環境から作られる。
 (6) 「自分らしさ」っていうものは意識して生み出すものではなく、無意識で生まれてくるものだ。
 (7) 戦争というものは残酷なものだ。
 (8) 人の性は悪なり、その善なるものは偽なり。

 

備考

 特になし

N3文法, 日本語の文法