【N2文法】~に過ぎない

説明

接続

 動詞普通形+に過ぎない
 い形容詞普通形+に過ぎない
 な形容詞語幹+である+に過ぎない
 名詞(+である)+に過ぎない
 

意味

 只不过…而已
 只是…
 

解説

 非常に低い程度、「~でしかない」という意味を表し、取るに足らない、たいしたことはない、あまり重要ではないなどの軽視したニュアンスが含まれます。
 「ほんの」「ただ」「ただの」「たった」「単なる」など呼応することがあります。
 

例文

 (1) これはあくまで私一個人の意見に過ぎません
     (这只不过是我个人的意见。)
 (2) 愛と憎しみは全く同じものである。ただ、前者は積極的であり、後者は消極的であるに過ぎない
     (爱和恨是完全一样的。但是,前者是积极的,后者不过是消极的。)
 (3) 自信無くするのは失敗した時の保身に過ぎない
     (失去自信只不过是失败时的明哲保身。)
 (4) 報道されていることは氷山の一角に過ぎない
     (被报道出来内容的只是冰山一角。)
 (5) 肉体は魂の入れ物に過ぎない
     (肉体不过是灵魂的容器。)
 (6) 私はただのアルバイトに過ぎないので、詳しいことは分かりません。
     (我只不过是兼职而已,所以不知道详细情况。)
 (7) 人と人に優劣をつけるなんてただの自己満足に過ぎない
     (对别人进行优劣区分,只不过是自我满足而已。)
 (8) 地球も太陽系の惑星の一つに過ぎない
     (地球也不过是太阳系的行星之一。)

 

備考

 特になし





N2文法, 日本語の文法