平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3A解説

 平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3A
 A【動詞の活用と分類】

 

(1)動詞の分類方法

 動詞は母音語幹動詞と子音語幹動詞に分けられます。
 動詞語幹部分の末尾が母音の動詞母音語幹動詞と言います。母音語幹動詞は語幹が「i」か「e」で終わり、いわゆる上一段活用・下一段活用・上二段活用・下二段活用を指します。

  (1) 食べる [tabe-ru]
  (2) 見る [mi-ru]
  (3) 着る [ki-ru]

 一方、動詞語幹部分の末尾が子音の動詞子音語幹動詞と言います。子音語幹動詞はいわゆる五段活用です。

  (4) 読む [yom-u]
  (5) 書く [kak-u]
  (6) 切る [kir-u]

 なお、u-verbは五段動詞、ru-verbは一段動詞のことです。
 切る[kir-u]は子音語幹動詞、着る[ki-ru]は母音語幹動詞なので、答えは2です。

 

(2)サ変動詞の中で不規則なもの

 活用語尾の母音の変化に基づく分類方法では、動詞は五段動詞、一段動詞、サ変動詞、カ変動詞に分けられます。このうちサ変動詞には「~する」の形をとりますが、一部不規則な活用をするものがあります。

 1 愛する ⇒ 愛さない
 2 失恋する ⇒ 失恋しない
 3 恋愛する ⇒ 恋愛しない
 4 恋する ⇒ 恋しない

 サ変動詞「~する」のナイ形は「~しない」ですが、1の「愛する」はサ変動詞であるのにも関わらず「愛さない」のように不規則な活用をします。
 通常動詞は語尾が活用されるものですが、「愛する」は語尾の「る」ではなく、語中の「す」が活用されています。分類上はサ変動詞ですが、実際は語中の「す」を語尾とする五段動詞として見なすことができます。

 このような動詞は他にもあり、いずれも語中の「す」が活用されます。
 愛する(愛す)、熱する(熱す)、辞する(辞す)、画する(画す)、帰する(帰す)…

 したがって答えは1です。

 

(3)日本語教育における文法の考え方

 1 「切ろう」「着よう」などの語形全体を活用形と考える。
 日本語教育は分かりやすくするために国語教育と異なる部分があります。
 国語教育では、「切ろう」は「kir」と「ou」に分けて考えますが、日本語教育では「切ろう」などの語形全体を活用形と考えます。他にも、国語教育で連用形と言えば「切り」ですが、日本語教育の場では「切ります」と教えます。要するに、学習者にとって分かりやすくするための考え方です。

 2 形容詞と形容動詞は、共に形容詞として扱う。
 国語教育の場での形容詞と形容動詞は、名詞を修飾したり名詞の状態を言い表すという働きで共通しています。なので日本語教育でも形容詞と形容動詞は同じ形容詞として扱うそうです。活用によって、い形容詞とな形容詞に分けるとのこと。したがって2は正しいです。

 しかし、この回答にはかなり個人的にかなり不満です。
 根拠になるかどうか分かりませんが、大学で使われている教科書では「高い」を形容詞、「大変」を形容動詞と表記しています。つまり日本語教育の場では形容詞と形容動詞と区別しているということではないでしょうか?

 また、形容詞と形容動詞は活用が全く異なります。形容詞の否定形は「形容詞語幹+くない」、形容動詞の否定形は「形容動詞語幹+ではない」です。どちらも形容詞として扱うには問題があります。

  (7) 高くない(形容詞語幹+くない)
  (8) 大変ではない(形容動詞語幹+ではない)
  (9)✕高くではない
  (10)✕大変くない

 形容詞と形容動詞は、分類としてはいずれも形容詞。ただし、活用を見たときは「い形容詞」と「な形容詞」に分ける。

 ちょっと都合が良すぎる気がします。
 

 3 「~て」に接続して音便が生じるものは別の活用形とする。
 動て形の時に生じる音便は、イ音便、撥音便、促音便の3種類です。

 イ音便とは、「イ」音に変化する音便のことです。標準語では「キ」「ギ」が「イ」に変わります。 「ギ」の場合には、後続音は濁音化します。

  (11) 書く - かて - か
  (12) 脱ぐ - ぬて - ぬいで

 撥音便とは、「ン」音に変化する音便のことです。撥音便は語末には立たず、必ず後続音を必要とします。

  (13) 飲む - のて - の
  (14) 遊ぶ - あそて - あそ
  (15) 死ぬ - して - し

 促音便とは、イ段の音が促音に変化する音便のことです。「キ」「チ」「リ」「イ」が促音に変わります。促音に変わる性質上、語末には立たず、後続の音はカ行、サ行、タ行、ハ行のいずれかである必要があります。

  (16) 取る - とて - と
  (17) 待つ - まて - ま
  (18) 会う - あて - あ

 しかし、日本語教育の場では音便が発生したとしても、これら全ては「動て形」として扱います。

 4 国語教育で用いられる分類よりも活用形は多い。
 国語教育で用いられる活用形は「未然形」「連用形」「終止形」「連体形」「仮定形」「命令形」の6種類です。
 しかし、日本語教育の場では「辞書形」「ます形」「て形」「ない形」「ている形」「た形」「ば形」「意向形」「可能形」「使役形」など多くの活用形が用いられています。

 したがって答えは3です。

 

(4)動詞分類の確認方法

 その動詞が一段動詞か五段動詞かを判別するには、動ない形を確認するのが最も有効な方法です。
 一段動詞のない形を作るには、語末の「る」が「ない」に変えます。五段動詞は語末の母音「u」を「a」に変えて、「anai」を加えます。

  (19) 食べる ⇒ 食べない (一段)
  (20) 書く ⇒ 書ない (五段)
  (21) 話す ⇒ 話ない (五段)
  (22) 見る ⇒ 見ない (一段)

 

(5)知識不十分な学習者に適した動詞の判別方法

 1 辞書形がルで終わらない動詞は五段動詞
 言い換えると、辞書形が「ル」で終わるものは一段動詞になります。これは一段動詞全てに共通する特徴です。起きる、食べる、加えるなど…
 ただし、五段動詞の中にも「ル」で終わるものがありますので、判別方法としては正確ではありません。かぶる、切る、加わるなど…

 2 2拍の動詞は一段動詞に多い
 2拍の「見る」「着る」は確かに一段動詞ですが、2拍の五段動詞は多くあります。切る、引く、取る、死ぬ、待つ、脱ぐ、会う、飲む、書く、蹴る、要る、折る、知る、なるなど、挙げるときりがありません。ですからこの判別方法は分類に適しておらず、あまりにも雑過ぎます。

 3 訓令式ローマ字を使うと活用形を正確に表記できる
 「着る」を訓令式ローマ字で表記すると「kiru」ですが、ローマ字表記したからといって一段動詞か五段動詞かを判別することはできません。「kiru」を見ただけでは、一段動詞の「着る」か、五段動詞の「切る」か判別できないからです。

 しかし、「着た(kita)」や「着ている(kiteiru)」、「着ます(kimasu)」のように様々な活用形を訓令式ローマ字で表記すると、語幹は「ki」であることがすぐ分かります。
 訓令式ローマ字で表記することは動詞の分類に役立ちませんが、少なくとも活用形を正確に表記することには役に立ちます。

 4 五段動詞を連用形にすると様々な音便形が表れることを利用する
 五段動詞を連用形(て形)にすると、イ音便、撥音便、促音便が生じます。
 「く」「ぐ」で終わる動詞は「~いて」「~いで」となり、これはイ音便。
 「む」「ぶ」「ぬ」で終わる動詞は「~んで」となり、これは撥音便。
 「る」「つ」「う」で終わる動詞は「~って」となり、これは促音便。
 しかし、「す」で終わる動詞は音便化しません。

 問題文に従って音便が発生するものは五段動詞として学習者に教えた場合、まず「~す」で終わる動詞は判別することができなくなります。また、この方法では学習者は動て形を習得していることが条件となります。
 以上の理由から、この方法は活用語形の知識が不十分な学習者に対して不適切です。

 したがって答えは1です。

 参考:【第73回】動詞のグループ判別方法について







平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説