【N3文法】~という

説明

接続

 文の普通形+という+名詞
 

意味

 叫做…
 …的…
 

解説

 話し手と聞き手のどちらか一方の理解が進んでいない場合に、その物事や人などを説明、定義することを表します。
 口語では「って」や「っていう」が用いられます。
 

例文

 (1) 佐藤さんという人から電話が来ていましたよ。
     (有个叫佐藤的人来过电话。)
 (2) 来週この小説の冒頭部分を暗唱するという試験がある。
     (下周有背诵这部小说的开头部分的考试。)
 (3) 「来週試験があるってこと覚えてる?」
     (你记得下周有考试吗?)
 (4) 「この歌、何という人が歌ってるの?」
     (这首歌是什么人唱的。)
 (5) モンサンミッシェルっていうところに一度は行ってみたい。
     (想去圣米歇尔这个地方。)
 (6) 今朝近くで女性が背後から襲われるという事件があったらしい。
     (今天早上附近发生了女性被人从背后袭击的事件。)

 

備考

 特になし







N3文法, 日本語の文法