【N1文法】~までして/~てまで

N1文法, 日本語の文法

説明

接続

 名詞+までして
 動て形+てまで
 

意味

 甚至于到了…的地步
 不惜…
 

解説

 最大の犠牲や代価を払ってある目的を達成することを表します。目的を達成するためには手段を選ばないニュアンスがあります。
 

例文

 (1) どれだけ欲しくても、借金までして買いたいとは思わない。
 (2) どれだけ欲しくても、借金してまで買いたいとは思わない。
 (3) 直接本人に聞いてまで知りたいわけじゃない。
 (4) わざわざ1時間も行列に並んでまで食べたくない。
 (5) なぜそうまでして嘘をつくのだろうか。
 (6) 結婚のために夜勤までして貯めたお金を使い込まれた。
 (7) 徹夜までして追い込んだのに、試験では力を出し切れなかった。
 (8) 徹夜してまで追い込んだのに、試験では力を出し切れなかった。

 

備考

 特になし

N1文法, 日本語の文法