平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3C解説

(11)言い換え・例示の接続詞

種類 意味
順接 前件が原因・理由、後件が結果・結論となることを示す。 だから、それで、そのため、このため、そこで、したがって、ゆえに、それゆえに、すると、それなら、それでは
逆接 前件から予想される結果とは逆の結果になることを示す。 しかし、しかしながら、が、だけど、けれども、ところが、のに、なのに、それなのに、にもかかわらず、それにもかかわらず、ものの、とはいうものの、でも、それでも、とはいえ
言換 前件について言い換える。 つまり、すなわち、要するに
例示 前件について例を示す。 例えば、いわば
並列 前件に後件を並べる。 また、および、かつ、ならびに、同じく
添加 前件に後件を付け加える。 そして、それに、それにしても、ともあれ、それから、しかも、おまけに、そのうえ、それどころか、どころか、そればかりか、そればかりでなく
対比 前件と後件を比較する。 一方、他方、逆に、反対に、反面
選択 前件と後件から選択する。 または、それとも、あるいは、もしくは、か
説明 前件について説明する。 なぜなら、というのは、だって
補足 前件について補足する。 なお、ただし、ただ、もっとも、ちなみに、そもそも、そのかわり、実は、実のところ
注目 前件の中からとりあげ注目する。 特に、とりわけ、中でも
転換 前件と話題・状況を変える。 それでは、そういえば、では、さて、ところで

 参考:接続詞について (一覧と解説)

 
 1 言い換え「つまり」

 「つまり」は前述の内容を要約する機能がありますが、そのために比喩を用いるとは限りません。
  (1) 人には承認欲求がある。つまり、誰もが認めて欲しいという願望がある。
  (2) 彼は飲酒のコントロールが効かない。つまり、アルコール依存症だ。

 2 言い換え「すなわち」

 「すなわち」は問題の説明文通りです。
  (3) もうこれで満足だという時は、 すなわち衰える時である。
  (4) 花粉症すなわち死。

 3 言い換え「要するに」

 「要するに」は前述の内容を要約する機能がありますが、後件では具体例を挙げるのではなく、趣旨を変えずに別の言葉で短くまとめます。
  (5) あらゆる相手に勝ちたい。要するに負けず嫌いだ。
  (6) 挑戦しなければ何も起きない。要するに無難である。

 4 例示「例えば」

 「例えば」は後件で前述の内容を短く言い換えるのではなく、具体例を挙げて説明します。
  (7) 最近つらい。例えば家事とか残業とか。
  (8) 良い習慣を身に付けたい。例えば運動とか。

 したがって答えは2です。

 

(12)命令、依頼、意志など幅広い表現を後件に取れる接続詞

 問題は「だから」「それで」「そのため」「そこで」のうち後件に命令・依頼・意志表現が取れるものはどれかです。命令表現「~しなさい」、依頼表現「~してください」、意志表現「~つもり」をそれぞれ当てはめてみます。

 1 だから

  (9) もう遅い時間だから、早く帰りなさい。
  (10) もう遅い時間だから、早く帰ってください。
  (11) もう遅い時間だから、もうすぐ帰るつもりだ。

 2 それで

  (12) 彼は風邪で、それで代わりに来なさい。(?)
  (13) 彼は風邪で、それで代わりに来てください。(?)
  (14) 彼は風邪で、それで代わりに来るつもりだ。

 3 そのため

  (15) 今年は猛暑だった。そのため~しなさい。(?)
  (16) 今年は猛暑だった。そのため~してください。(?)
  (17) 今年は猛暑だった。そのため~つもりだ。(?)

 4 そこで

  (18) 今の住まいは狭い。そこで新しい家を見つけなさい。(?)
  (19) 今の住まいは狭い。そこで新しい家を見つけてください。(?)
  (20) 今の住まいは狭い。そこで新しい家を見つけるつもりだ。

 したがって答えは1です。

 

(13)後続部の談話全体との関係

 接続詞には、順接や逆接など先行部と後続部の関係を示すものもありますが、後続部が談話全体とどのような関係にあるのかを示すものもあります。

 1 まず
 この「まず」は、いくつかある過程のうち最初にすることを後続部で示す接続詞です。先行部と後続部の関係を示しているのではなく、談話全体との関係性を表しています。

 2 でも
 「でも」は、前件から予想される結果とは逆の結果になることを示す逆接の接続詞です。先行部と後続部の関係を示すものです。

 3 だって
 「だって」は、前件についての理由を説明する接続詞です。先行部と後続部の関係を示すものです。

 4 とはいえ
 「とはいえ」は、前件から予想される結果とは逆の結果になることを示す逆説の接続詞です。先行部と後続部の関係を示すものです。

 したがって答えは1です。

 

(14)「すると」の口頭表現

 「すると」は、前件が原因・理由、後件が結果・結論となることを示す順接の接続詞です。文字として書くと、物事の継起を表すことができます。

  (21) 電気を消した。すると、何も見えなくなった。
  (22) 門限が過ぎた。すると、すぐ母から電話がかかってきた。

 しかし、口頭表現で「すると」を使うと、継起以外の意味を表します。

  (23) 「すると、あなたは全て知っていたんですか?」
  (24) 「月曜日は休みとった」「すると、今週末は三連休?」

 これは、相手の発言を受けて話し手の判断が続くことを示す表現です。
 したがって答えは4です。

 

(15)「もしくは」と「か」の文法的な違い

 「もしくは」と「か」は前件と後件から選択することを表す接続詞です。

 ①3つ以上の要素を並列する場合は、一つ目の要素の後に「、」をつけ、最後の要素の前に「もしくは」をつける。「か」の場合は、全ての要素の後ろに「か」をつける。

  (25) 続行、延期もしくは中止
  (26) 続行か延期か中止か

 ②「か」は名詞だけではなく、動詞にも格成分にも接続できます。

  (27) 続行するか、中止するか。
  (28) 買ったのか、買っていないのか

 ③④「もしくは」は後続部を強調し、「か」は先行部を強調します。

  (29) 続行もしくは中止
  (30) 続行か中止か

 したがって答えは3です。





平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説