【N2文法】~矢先(に)

N2文法, 日本語の文法

説明

接続

 動た形+矢先(に)
 動意向形+とする矢先(に)
 動意向形+とした矢先(に)
 

意味

 正要…的时候
 

解説

 前項と後項が同時発生していることを表す文法で、後項には話者の予想しなかった意外な出来事を述べます。
 「~とき」よりもより緊迫感がある表現です。
 

例文

 (1) 風邪が治った矢先に今度はインフルにかかった。
 (2) 家でゆっくりしようと思った矢先、仕事が入った。
 (3) ご飯作ろうと思った矢先に、猫が膝に乗ってきた。
 (4) 元気って言った矢先に風邪引いた。
 (5) 洗濯物干そうとした矢先に雨。
 (6) 寝ようと思った矢先に電話が来た。

 

備考

 特になし

N2文法, 日本語の文法