【N1文法】~にして

説明

接続

 名詞+にして
 

意味

 在…的时候
 到了…阶段,才…
 

解説

 時間的あるいは回数的なある段階に達したときを表す文法です。
 主に時間や年齢、回数などを表す名詞に接続されます。
 

例文

 (1) この難関試験に、3回目にしてようやく合格した。
     (经过第三次这个难关考试,终于合格了。)
 (2) 40歳にしてようやく父親になった。
     (到了40岁才当上了父亲。)
 (3) この歳にして初めて人生とは何かが分かった。
     (到了这个年龄才知道人生是什么。)
 (4) あれだけの量の仕事を1日にして終わらせたとは凄すぎる。
     (一天就完成那么多的工作,太厉害了。)
 (5) 光を放ち、一瞬にして消えてしまった。
     (放光,一瞬间就消失了。)
 (6) あの時の言葉の本当の意味が、今にしてようやく分かった。
     (那时候所说的真正含义,现在终于明白了。)
 (7) 還暦にして初めての孫が生まれた。
     (花甲之年第一个孙子出生了。)
 (8) 20社目にして念願の内定をもらえた。
     (到了第二十家公司,拿到了心愿的内定。)

 

備考

 特になし







N1文法, 日本語の文法