【N1文法】~べからず

説明

接続

 動辞形+べからず
 

意味

 禁止
 不得
 不可
 不要
 ~してはいけない
 

解説

 「~べきではない」よりも硬い表現で、禁止を表します。
 主に看板や標識などに使われ、すべての人に対する禁止の呼びかけに使われます。
 「する」は「するべからず/すべからず」になる点に注意。
 

例文

 (1) ここにゴミを捨てるべからず
     (禁止在这里扔垃圾。)
 (2) 人をいじめる行為は許すべからず
     (欺负人的行为不可原谅。)
 (3) 働かざる者食うべからず
     (不劳动者不得食。)
 (4) 初心忘るべからず
     (不要忘记初衷。)
 (5) 工事中につき、立ち入るべからず
     (施工中,禁止进入。)
 (6) この先、立ち入るべからず
     (前面禁止进入。)
 (7) 試験中は会話するべからず
     (考试中不可对话。)
 (8) 壁に落書きするべからず
     (不要在墙上乱涂乱画。)

 

備考

 関連文法「~べき/べきだ/べきではない
 関連文法「~べきだった/べきではなかった
 関連文法「~べからざる
 似ている文法「~としてあるまじき/にあるまじき







N1文法, 日本語の文法