【N3文法】~べきだった/べきではなかった

説明

接続

 動辞形+べきだった/べきではなかった
 

意味

 当时应该…(べきだった)
 当时不应该…(べきではなかった)
 

解説

 過去に発生したことに対する後悔や反省の気持ちを表す文法です。
 「~ておくべきだった」「~ておくべきではなかった」の形でよく使われます。
 

例文

 (1) 怪我をした時点で出場するべきではなかった
     (受伤的时候不应该出场。)
 (2) 大学時代もっと真剣に取り組んで、ちゃんと学んどくべきだった
     (大学时代应该更加认真,好好学习。)
 (3) 転職する前に資格を取得しておくべきだった
     (跳槽前应该取得资格证。)
 (4) 寝れないからってこんな時間に外に出るべきではなかった
     (因为睡不着,不应该在这样的时间出去。)
 (5) 昨日の謝罪会見はやるべきではなかったと思う。
     (我认为昨天的谢罪见面会不应该举行。)
 (6) 今考えると、私たちがもっと頑張るべきだった
     (现在想起来,我们应该更加努力。)
 (7) もっと早くセミナーに参加をしておくべきだったと後悔している。
     (后悔应该早点参加研讨会)
 (8) 先にお伝えすべきだったのに、遅くなってしまい申し訳ございません。
     (明明应该提前告诉大家的,却迟到了,实在抱歉。)

 

備考

 関連文法「~べき/べきだ/べきではない
 関連文法「~べからず
 関連文法「~べからざる