平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題2(4)解説

平成29年度, 日本語教育能力検定試験

 平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題2(4)の問題は以下。
 【何か遊びものを持って行きましょう。】(「玩具」などの意)

 問題文は、見るもの、飲むもの、着るもの、履くものなど「動詞辞書形+もの」と表すべきところを「動ます形+もの」としてしまう文法的な誤りです。
 元々の形に直してみて、話者が意図した内容と合うかどうか見てみます。

 1 吸うもの ≠ 「ジュースやお茶」などの意
 2 書くもの = 「ペンや鉛筆」などの意
 3 掴むもの = 「箸やトング」などの意
 4 拭くもの = 「ハンカチやぞうきん」などの意

 1は「飲む」と「吸う」の意味を混同していることが原因で発生した誤りですが、2~4は文法的な誤りです。
 したがって答えは1です。