平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題2(2)解説

 平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題2(2)の問題は以下。
 【担当ものに会って確認しました。】(「担当者」の意)

 「担当者」を「担当もの」と読む誤りは、本来音読みするべきところを訓読みする誤りです。

 1 だい ⇒ たい
 2 きん ⇒ かね
 3 こく ⇒ くに
 4  じ ⇒ とき

 2~4は問題文と同じく、音読みすべきところを訓読みした誤りです。
 1は「だい」と読むべきところを「たい」と読んでいて、問題文の誤りの性質とは異なります。このような誤りを有声音の無声化と呼びます。
 したがって答えは1です。