平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(15)解説

 言語を分類する方法は2種類あります。
 一つは言語を語形変化から分類するもの。膠着語、屈折語、孤立語、抱合語の4つに分けられます。
 もう一つは言語を主語(S)、目的語(O)、動詞(V)の三要素の基本語順から分類するものです。

 詳しくは「言語を分類する形態的類型論と語順について」に。

 1 膠着語 SOV型
 2 孤立語 SVO型
 3 膠着語 SOV型
 4 膠着語 SOV型
 5 膠着語 OVS型

 語順では答えを1つに絞れませんでしたが、2だけ孤立語で、それ以外は膠着語という特徴がありました。
 したがって答えは2です。





平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説