平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(12)解説

 「動辞形/動ない形+ことにする」の形をとるときは、決定の意味を表します。
 「動た形+(という)ことにする」の形をとるときは、物事を事実とは反したようにみなす意味を表します。

 1 決定
 2 決定
 3 みなし
 4 決定
 5 決定

 3だけが決定ではありません。それ以外は決定を表す文です。
 したがって答えは3です。

 参考:【N3文法】~ことにする/こととする
 参考:【N3文法】~たことにする/たこととする





平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説