平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(9)解説

平成28年度, 日本語教育能力検定試験

 平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(9)は【「勧め・忠告」のモダリティ形式】の問題です。

 この問題から学んでおきたいのは命題とモダリティの関係です。

 命題とは、その文の客観的な内容の部分のことを指します。
 モダリティとは、その文の命題に対する話し手の主観的な認識や判断を表す部分を指し、ムードとも呼ばれます。モダリティはその性質によって2種類に分けられます。
 事柄に対する認識や判断を表すものは対事的モダリティ、聞き手に対する表現は対人的モダリティです。なお、対人的モダリティは主に終助詞のことを指しています。

午後は天気が良くなるだろうね
午後は天気が良くなる(命題)
だろう(対事的モダリティ)
ね(対人的モダリティ)

 1~5の選択肢のモダリティ部分を見てみると、それぞれの意味はこうなります。

 1 アドバイス・忠告
 2 アドバイス・忠告
 3 アドバイス・忠告
 4 許可
 5 アドバイス・忠告

 4だけは「許可」です。それ以外はアドバイスを表すモダリティです。
 したがって答えは4です。