平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(9)解説

 モダリティ/ムード/法 (mood)とは、述語の後ろに形態素を付加することによって命題に対する認識や判断や聞き手に対する態度を表す文法カテゴリーの一つ。ここでの命題とはその文における客観的な内容の部分のことであり、命題に対する認識や判断を表すものの対事的モダリティと、聞き手に対する表現の対人的モダリティに分けられる。対人的モダリティは主に終助詞のことを指す。

命題:午後は天気が良くなる
対事的モダリティ:だろう
対人的モダリティ:ね

 1~5の選択肢のモダリティ部分を見てみると、それぞれの意味は以下になります。

 1 アドバイス・忠告
 2 アドバイス・忠告
 3 アドバイス・忠告
 4 許可
 5 アドバイス・忠告

 4だけは「許可」です。それ以外はアドバイスを表すモダリティです。
 したがって答えは4です。

 参考:ヴォイス・アスペクト・テンス・モダリティについて - モダリティ/ムード/法 (mood)

 





平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説