平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(5)解説

 平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(5)は【連体詞】の問題です。

 連体詞とは、それ自体に活用はなく、必ず体言を修飾して説明する語のことです。現代で一般的に用いられる連体詞は語末が「た・な・が・の・る」で終わる5つに分類されます。「棚が乗る」と覚えます。

 1 こ(連体詞)
 2 あらゆ(連体詞)
 3 いろん(連体詞)
 4 わ(連体詞)
 5 同じ(な形容詞)

 5だけがな形容詞で、それ以外は棚が乗るで終わるので連体詞です。
 したがって答えは5です。

 参考:連体詞、副詞、形容詞、形容動詞の違い