平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(5)解説

 平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(5)は【借用における文法形式の脱落】の問題です。

 借用語とは他の言語から別の言語にそのまま取り入れられた語彙のことです。その借用の過程で文法形式が脱落しているかどうかを見ればいいので、ひとまず英語に直してみます。

 1は「mashed potato」
 2は「chiffon cake」
 3は「smoked cheese」
 4は「iced coffee」
 5は「scrambled eggs」

 2以外に共通してある「ed」はいわゆる受身の「~された」を表す部分で、それがカタカナになった過程で脱落しています。
 したがって答えは2です。