漢字の成り立ちについて(六書)

六書

 六書とは漢字の造字と運用の原理を6種類に分類したもの。造字は象形文字、指事文字、形声文字、会意文字の4つの原理、運用は転注文字、仮借文字の2つの原理に分かれる。

 

①象形文字

 もともとの形を絵で表した漢字のことです。象を見たことがない人に象の絵を描いて形を説明したことから「象」形文字と言われるようになりました。
 象 山 大 木 日 月 犬 口 山 子 糸 耳 車 手…

 

②指事文字

 位置や状態などの抽象的概念を線や点で表した漢字のことです。
 一 二 三 上 下 足 中 天 本 立…

 

③形声文字

 意味を表す記号と音を表す記号を組み合わせて作った漢字のことです。
 晴 河 江 空 校 字 青 先 草 村 町 年 百…

 

④会意文字

 象形文字と指事文字で作られた感じを組み合わせて作った漢字のことです。
 林、炎、男 休 見 左 森 正 赤…

 

⑤転注文字

 本来の意味から転じた意味で使われている漢字のことです。「楽」は、はじめは音楽の曲という意味でしたが、そこから転じて曲を聞いていると楽しい、楽だから「楽しい」という意味を持つようになったそうです。
 楽 長 悪…

 

⑥仮借文字

 同音あるいは似た音の漢字を借りて当て字として使っている漢字のことです。例えば亜細亜(アジア)や露西亜(ロシア)などのそれぞれの漢字に意味はなく、音だけを借りて表そうとしたものが仮借文字です。
 露西亜 珈琲 亜細亜 印度…

 







日本語教育能力検定試験 解説