平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(3)解説

 東京方言とは日本語の標準語のことで、標準語のアクセント型は核の有無や位置によって4つに分けられる。

平板型 アクセント核がない語
頭高型 アクセント核が最初の拍に来る語
中高型 アクセント核が途中の拍に来る語
尾高型 アクセント核が最後の拍に来る語

 1 平板型
 2 平板型
 3 平板型
 4 頭高型
 5 平板型

 4だけ起伏式頭高型でアクセントが異なります。
 したがって答えは4です。

 参考:日本語(標準語)のアクセントの型