日本語(標準語)のアクセントの型

アクセントの型

 アクセントはまず単語の音の高さが下がるアクセントの核があるものとないものの2種類に分けられます。ないものは平板式、あるものは起伏式です。
 そのうち起伏式はアクセントの核の位置によって更に3種類に分けられます。核が最初の拍に来るものを頭高型途中の拍にくるものを中高型最後の拍にくるものを尾高型と呼びます。

 
 アクセントの型を調べるときは、後ろに必ず1文字の助詞をつけることが重要です。

 例えば「話(はなし)」と「電話(でんわ)」、この2つの単語の発音自体は同じで、教科書では「⓪」と表記されます。しかし仮に助詞をつけて「はなしが」「でんわが」としてみると、前者は起伏式尾高型「③」、後者は平板式平板型「⓪」です。単語のアクセントの違いは助詞をつけたところまで含まれます。

 

核の有無 無し 有り
種類 平板式 起伏式
平板型 頭高型 中高型 尾高型
核の位置 無し 最初の拍 途中の拍 最後の拍
太もも 眉毛 おでこ あたま
+(助詞) ふとももが まゆげが おでこが あたまが