平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(1)解説

 音声的対立とは、共通点があるものの、声帯振動の有無や調音点、調音法が違うことによって意味が変わる対となっている音素の関係のこと。例えば、[p]と[b]は調音点・調音法ともに共通しているが、[p]は無声音、[b]は有声音となり、声帯振動の有無が意味を分ける要素となっている。

無声歯摩擦音 有声歯摩擦音
無声硬口蓋摩擦音 無声両唇摩擦音
無声歯茎破裂音 有声歯茎破裂音
無声歯茎硬口蓋摩擦音 有声歯茎硬口蓋摩擦音
無声両唇破裂音 有声両唇破裂音

 2は調音点の音声的対立、それ以外は声帯振動の有無による音声的対立です。
 したがって答えは2です。

 参考:母音と子音の分類とIPA表記







平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説