【N1文法】~という

説明

接続

 名詞A+という+名詞A
 

意味

 所有的…全都…
 …全部都…
 

解説

 同じ名詞を2度繰り返して使い、「全ての~」の意味を表します。
 ただしこの表現は「全て」をより強く強調する言い方で、例外を許しません。
 

例文

 (1) 深夜で寝惚けていたからか、壁という壁にぶつかりながらトイレに行った。
     (可能是因为在深夜睡得迷迷糊,撞到墙壁去了厕所。)
 (2) 津波によって家という家が全て流されてしまった。
     (因为海啸,所有的房子都被冲走了。)
 (3) 地吹雪で道という道が通行止めになっている。
     (由于暴风雪道路禁止通行。)
 (4) 床という床が泥まみれだ。
     (地板上沾满了泥巴。)
 (5) 星という星が私の味方をしている。
     (星星是我的伙伴。)
 (6) 銃声がしてから鳥という鳥が逃げて行った。
     (听到枪声后,鸟全都飞走了。)

 

備考

 特になし







N1文法, 日本語の文法