母音と子音の分類とIPA表記

子音の違い

 子音の違いは声帯振動の有無、調音点、調音法の3つの要素によって決まります。

 

声帯振動の有無

 発声時に声帯が振動すれば有声音、振動しなければ無声音です。
 日本語ではカ行、サ行、タ行、ハ行、パ行は無声音で、それ以外は有声音です。

 

調音点

 子音の調音に際して声道内で空気の流れを妨げる場所のことを指します。その部分に舌を当てたり、接近させたりして空気の流れを妨げることで音を作ります。
 日本語では主に両唇、歯茎、歯茎硬口蓋、硬口蓋、軟口蓋、声門を調音点として発音されます。

 かがわなんこう、ひやでこうこう、さざんただならしけい

 

調音法

 口腔内における呼気の妨害の方法です。
 日本語では鼻音、破裂音、摩擦音、破擦音、弾き音、半母音(接近音)などがあります。

 
 

日本語の主な子音

IPA表記 声帯振動
の有無
調音点 調音法 備考
かきくけこ [k] 無声 軟口蓋 破裂音
がぎぐげご [g] 有声 軟口蓋 破裂音
か゚き゚く゚け゚こ゚ [ŋ] 有声 軟口蓋 鼻音
さすせそ [s] 無声 歯茎 摩擦音
[ɕ] 無声 歯茎硬口蓋 摩擦音
ざずづぜぞ [dz] 有声 歯茎 破擦音 語頭
ざずづぜぞ [z] 有声 歯茎 摩擦音 語中
じぢ [dʑ] 有声 歯茎硬口蓋 破擦音 語頭
じぢ [ʑ] 有声 歯茎硬口蓋 摩擦音 語中
たてと [t] 無声 歯茎 破裂音
[ts] 無声 歯茎 破擦音
[tɕ] 無声 歯茎硬口蓋 破擦音
だでど [d] 有声 歯茎 破裂音
なぬねの [n] 有声 歯茎 鼻音
[ɲ] 有声 硬口蓋 鼻音
はへほ [h] 無声 声門 摩擦音
[ç] 無声 硬口蓋 摩擦音
[ɸ] 無声 両唇 摩擦音
ばびぶべぼ [b] 有声 両唇 破裂音
ぱぴぷぺぽ [p] 無声 両唇 破裂音
まみむめも [m] 有声 両唇 鼻音
やゆよ [j] 有声 硬口蓋 接近音
らりるれろ [ɾ] 有声 歯茎 弾き音
[ɰ] 有声 軟口蓋 接近音
[ɴ] 有声 口蓋垂 鼻音 語末

 

覚えておきたい他の子音

IPA表記 声帯振動
の有無
調音点 調音法 備考
英語のf [f] 無声 唇歯 摩擦音
英語のv [v] 有声 唇歯 摩擦音
[th]ink [θ] 無声 摩擦音
[th]is [ð] 有声 摩擦音
[l]ook [l] 有声 歯茎 側面音
江戸っ子口調 [r] 有声 歯茎 震え音
[wa]nt [w] 有声 両唇軟口蓋 接近音 両唇と軟口蓋の2か所で同時に調音する二重調音

 

対立的分布

 2つ以上の異なる要素の間に対立する関係があること。例えば、[p]無声両唇破裂音と[pʰ]有気音の無声両唇破裂音において、[p]は無気音、[pʰ]は有気音という対立的分布をなしているという。

 
 

母音の違い

 母音の違いは舌の高さ(口の開きが大きいか小さいか)、舌の前後位置、唇の丸めの有無の3つの要素によって決まります。

イ[i] 非円唇 前舌 高母音(狭母音)
エ[e] 非円唇 前舌 半狭母音
ア[a] 非円唇 低母音(広母音)
オ[o] 円唇 後舌 半狭母音
ウ[ɯ] 非円唇 後舌 狭母音

 逆三角形を書いて、反時計回りに「イエアオウ」の順。
 「イエアオウ」と発音すると、最初は舌の位置が高く、「ア」で一番低くなって、また高くなっていきます。その時舌の前後位置は前から奥へと移動しています。

 日本語で使われる母音は[a][i][ɯ][e][o]の5つの母音を用いる5母音体系の言語です。
 一方、アラビア語などは[a][i][ɯ]の3つの母音を用いる言語で、3母音体系の言語です。

 





日本語教育能力検定試験 解説, 用語集