【N3文法】~のに

N3文法, 日本語の文法

説明

接続

 動辞形+のに
 

意味

 用于…
 为了…
 ~するためには
 

解説

 目的を表します。
 前項には目的を、後項にはその目的を達成するために必要な条件を述べます。
 後項にはよく「かかる」「必要」「役に立つ」などの動詞がきます。
 

例文

 (1) 完成させるのに2時間かかった。
 (2) ビザを更新するのに3週間もかかる。
 (3) 申請するのに身分の証明が必要となる。
 (4) 部屋を隅々まで掃除するのに一体何時間かかるのだろうか。
 (5) 海外で生活するのに役に立つ知識を教えてもらった。

 

備考

 似ている文法「~には

N3文法, 日本語の文法