【N2文法】必ずしも~とは限らない/必ずしも~わけではない

N2文法, 日本語の文法

説明

接続

 (必ずしも+)動詞普通形+とは限らない
 (必ずしも+)名詞+(だ)とは限らない
 (必ずしも+)な形容詞語幹+(だ)とは限らない
 (必ずしも+)い形容詞普通形+とは限らない

 必ずしも+動詞普通形+(という)わけではない
 必ずしも+名詞+((だ)という)わけではない
 必ずしも+な形容詞語幹+((だ)という)わけではない
 必ずしも+い形容詞普通形+(という)わけではない
 

意味

 不一定…
 未必…
 不见得…
 

解説

 この文法はよく「~からといって」「~たとしても」の後に続きます。「~からといって、必ずしも~ない(虽说…也未必…)」
 「~ないとは限らない(…未必不)」等と否定形に接続することもできます。(9)(10)
 

例文

 (1) いつも笑顔だからといって、必ずしも良い人だとは限らない
     (虽然一直笑脸相迎,也未必就说明这是个好人。)
 (2) いつも笑顔だからといって、必ずしも良い人というわけではない
     (虽然一直笑脸相迎,这个人也不一定就是好人。)
 (3) 真実を教えてあげることが正しいことだとは限らない
     (告诉你的真相未必就是正确的。)
 (4) 真実を教えてあげることが必ずしも正しいというわけではない
     (告诉你的真相不一定就是正确的。)
 (5) 権力やお金があったとしても、必ずしも幸せとは限らない
     (即使有权力和金钱也未必就幸福。)
 (6) 権力やお金があったとしても、必ずしも幸せだというわけではない
     (即使有权力和金钱也不一定就幸福。)
 (7) 毎日練習したからといって上手になるとは限らない
     (即使每天练习也未必就很厉害。)
 (8) 毎日練習したからといって必ずしも上手になるわけではない
     (即使每天练习也不一定就很厉害。)
 (9) 議論で何も言わないからといって、必ずしも何も考えていないとは限らない
     (虽说在讨论的时候什么都没说,也未必就是什么都没想。)
 (10) 友達が多いとしても孤独ではないとは限らない
     (虽说朋友有很多未必就不孤独。)

 

備考

 特になし