「90代」と「90年代」の違い

2019年2月17日日本語の違い

(人´∀`) 最近の若い人は自己中心的って本当?
(*´・д・) 本当ですよ。私たちよりも若い人はそうです。
(人´∀`) へえ、そうなんだー
(*´・д・) 特に90代はひどいですね。
 
(*゚Д゚) …90代!?

 年齢や年代を表す日本語、特に「代」と「年代」には注意しましょう。

 

~代/~歳台

 10代/10歳台(10歳~19歳)
 20代/20歳台(20歳~29歳)
 30代/30歳台(30歳~39歳)
 …
 90代/90歳台(90歳~99歳)
 100歳台

 数字に直接結び付くときは「代」を使い、数字の間に単位を挟むと「台」を使います。通常会話では「~代」のほうが多く用いられます。

 0~9歳を表す言い方はありませんが、無理やり言うなら0代ではなく、「一桁/一桁台」と言うかもしれません。100歳以上は「100歳台」や「100歳以上」などと言います。

 

~年代

 …
 70年代(1970年から1979年)
 80年代(1980年から1989年)
 90年代(1990年から1999年)
 2000年代(2000年~2999年、あるいは2000年~2009年)
 …

 単に60年代などと言われるときは1960年代を指します。
 これは本来年齢を表す言い方ではなく、時間や時代を表す言い方です。なのでこの年代に生まれた人を指すときは通常「60年代に生まれた人/60年代の人/60年代生まれ」等と言います。

 10年代や20年代という言葉は普通言いません。
 混乱を避けるため、「1910年代」と言われます。

 また、元号を使って「昭和50年代」などと言われることもあります。この場合は西暦と元号が一致していないと分からないので注意が必要です。

 

「90代」と「90年代」

 90代は90歳~91歳の人を指します。
 90年代は、1990年~1999年のことです。

 漢字一つ違うだけで全然意味が変わりますので、注意してください。

2019年2月17日日本語の違い