「ビブリオバトル」は授業でもできそう

日本語教師のお仕事, 2年生前期会話, スピーチと弁論

ビブリオバトルの公式ルール
 
1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
2.順番に一人5分間で本を紹介する。
3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

 -公式ルール – 知的書評合戦ビブリオバトル公式サイトより

ビブリオバトルは授業でもできそう

 参加者が本を5分で紹介し、どの本が読みたくなったかをディスカッション後の投票によって決めるビブリオバトル。これは授業でもできそうですね。この形式なら1週間ほど準備させると2年生でもできるはず。
 要するにプレゼン大会で、スピーチ能力を高めるためなら絶好の教案になりえます。

 

スピーチの授業に応用してみる

  1.みんな5分で〇〇を紹介
  2.全員で意見共有
  3.投票
  4.勝ちを決める
  5.次回のテーマを教える
  6.授業終わり

 あとは〇〇の部分に毎週違うものを用意できればスピーチの授業になりえます。15回分くらい案を出せたらこの形式で一学期続けられそうですね。

 本、歌、アイドルとかかな。パワポを用意させてもいいですね。その場合はもっとジャンルが広くてもよくなるはずです。

 スピーチの授業で困っている方がいたらぜひやってみて感想を教えてください。

日本語教師のお仕事, 2年生前期会話, スピーチと弁論

Posted by そうじ