本当に居た! ミ○キーの偽者・・・?

中国での生活

  学校からバスで30分ほどのところにある、その名も「人民公園」。今日は仕事が終わった後、一年生たちと遊びに行ってきました。公園の名前がいかにも中国らしいですね~。「自然公園には自然があるけど、人民公園には人民がいる」と冗談で聞いたことがあります。そのとおり、本当に人であふれていました。公園のあちこちから爆音。学生たちは「热闹(re4 nao)」、つまり「賑やかだ」と表現していたんですが、どう聞いても私には爆音・騒音にしか聞こえないわけです。

 すると一人の学生が突然
 「この歌知ってますか?”小さな林檎(小苹果)”という歌です。」
 と言って、あるダンスをしている集団を指差しました。どうやらこの歌は、中国で昔非常に人気があった歌らしいのです。遠くからでも聞き覚えがないことは分かってましたが、学生にそう言われたら無視するわけにもいかない。そうして、その集団に近づくことになったわけです。

 徐々に近づくにつれ、私は異変に気づきました。何かヤバいやつがいる、と。

 これは完全にアウトなやつでしょう・・・。文字通り、開いた口が塞がらなくなり、時間がしばらく凍って、その後に笑いがこみ上げてくるという不思議な感情に遭遇しました。笑いのせいでカメラを構えることも困難だったので、学生に頼んで撮ってもらった写真です。

 至極当然のように素顔を晒して見せるので、不可避の抱腹絶倒。手前の奴が仮に”ミ○キー”なら、奥の女の子らしいのが”○ニー”でしょうか。パッと見、肩幅で気づいていたのですけど、中身が男なのもまたポイントが高いですね~。ちなみにカメラ撮影を止められたりは一切しませんでした。

 そしてもっと驚いたことは、学生は奴を「ミッキー」と呼んだのです。冗談で言ってるのか本当なのかは定かではありませんが、同時に「可愛い」と言い足したところを考慮すれば、本心で奴を「ミッキー」だと思っているのでしょう。その時気づきました。この国には本当に、著作権という概念がない、と。思えば、「日本のドラマが好きです!アニメが好きです!漫画が好きです!」と言う学生たちは、もれなくインターネットでそれを閲覧するのです。彼らは、してはいけないことを息をするようにしている。しかしそれに気づいていない。というか、簡単に言いくるめれば”文化”なのでしょう! そうです。文化ということにしておけばそれ以上議論の余地はないですからね。それにしても、偽者を見たときは「まさか」という思いがしました。もし日本で同じことが行われていたらと思うとゾッとしますね。

 面白いものを見たあとは食事。
 バイキング形式で非常に豪華、大満足でした。あまりに高級そうな入り口だったので、私はすぐ財布を取り出して学生のもとに駆け寄ったのですが、多くの場合、学生たちは頑なにお金を受け取ろうとしません。当然今回もそうでした。結局、一人何元だったのかは分からないままです。おそらく相当高い・・・。40元ほどかな・・・? 私の押しが弱いんでしょうか。無理やり彼らの手を取ってお金を握らせるくらいの勢いで払う意思を見せなければいけないのかもしれませんね・・・。

 さて、好きなものを好きなだけ食べられる。こんな偏食と贅沢は他にありません。私が一番気に入ったのは、みかん。非常においしくて、何度も皿に盛っては食べてました。学生が携帯で辞書を引きながら「缶詰」と言ったのを皮切りに私は恥ずかしくなりましたが、それでも箸は止まりません。久しぶりに本当の満腹を感じました。学生には感謝ですね!

 今日はいろいろなことがありました・・・。まだまだ言いたい事はありますが、後日まとめて書きまとめたいと思います。おやすみなさい。

中国での生活

Posted by そうじ