11月11日は光棍节(独身者の日)で買い物一色

 今日は11月11日。中国では光棍节(独身者の日)、双11とも呼ばれています。「1」が恋人のいない独り身を表し、それが4つ連続することからこの日が選ばれたそうです。
 ネットでの買い物が安くなるので、人口も相まって恐ろしいくらいの経済効果があります。日本でも数年前に輸入されて、「いい買い物の日」としてyahooなどでもセールが行われていますが、まだまだ全然定着・浸透していませんよね。

 ただ、学生から聞くといくつか問題もあるそうです。

 

実は値引きされていない?

 11月11日には色んなものの定価に斜線が引かれて、値引きされた額が大きく表示されています。
 ところがこれ実は値引きされていないという話です。
 11月11日の前にわざと値上げして、当日になったら元々の定価に戻すことで一時的に値引きをしたように見せるやり方です。このように「私は買わない」「その日の前に買う」という学生もちらほらいました。

 

売り切れるスピードが速すぎる

 ついさっき日を跨いでからわずか2分5秒後、天猫では取引額が100億元を突破したそうです。
 微信のモーメンツを見ると、一瞬で売り切れてしまったせいで買いたかった物が売り切れて買えず嘆いている人が多く見られました。中国全土から注文が殺到して回線が混み合い、仮に買い物カゴに入れておいたとしてもそこからが勝負になります。
 学生寮はwifiがありませんので特に影響が大きいようです。私も部屋でwifiを使っていても、処理を受け付けてくれないことが度々ありました。

 

配送業者はこれからが勝負

 11月11日が終われば注文はいったん落ち着くのですが、実際発送して各個人に届くまでにはかなりの時間がかかります。
 どれだけ遠くても通常1日~3日くらいで届くものが、この日注文したものに限っては1週間くらいは来なくても文句は言えません。それくらい荷物が多いので配送業者は地獄を見ます
 毎回この日になるとネットには荷物を蹴ったり投げたりする様子の動画があげられたりするのですが、待遇の不満を訴えるためにわざと行われたことだったりもするようです。

 

 2018年の取引額は24時間で2135億元、前年比+26.9%でした。
 この調子だとまだ来年も伸びそうですね。
 2018天猫双11成交2135亿元