中国と日本の女性の貞操観念の違い

 先週より4年生から新しいの予約が続々入り、月曜日と木曜日は超が付くくらい忙しくなりました。
 月曜日の今日は授業2コマ(4時間)、学生との会話が5時間でほとんど教室にいました。
 その間一年生の発音の宿題の提出も止まらず携帯も鳴り止みません。

 仕事に追われていますが、裏を返せば毎日充実していると言えますね。
 学生との会話はこれといって気を張る必要もないので疲れを忘れて楽しいです。

 今日も10時から4年生との会話。恋愛の話が主な中心でした。

 話題は「中国と日本の女性の貞操観念の違いについて」。
 ある日本の番組を見たところ、日本人女性の貞操観念は中国人女性と全く違うと言われました。

 その番組内のインタビューで、経験人数が多いことを自慢げに話す道行く女性がたくさん。
 その4年生によると、中国人女性は経験人数が多いことを通常自慢せず、むしろそれはほとんどがマイナスに働くと言ってました。言われてみますとそういう感じがします。
 一方で男性の経験はあまり問われないそうです。

 会話の中で、この原因は何かについて話をしました。
 私が咄嗟に思い浮かんだのは、中国の小中高の教育課程では学生間の恋愛が硬く禁止されている点。
 それは結局その4年生によって否定されたのですが、彼女たちは女性としてそうするべきだと言っていました。
 もちろんそうではない人もいるでしょうが、少なくとも不特定多数の男性と遊ぶ女性は日本よりもかなり少ないように感じます。
 貞操観念は人によって異なります。いずれかが悪いと言っているわけではありません。

 また学生に両国の違いを気付かせられました。
 だんだん会話の内容が深くなって行ってるのでこれからが楽しみです。





中国での生活