「松本日语」 日本語教室に参加してきました。

日本語教師のお仕事

 廊坊と長野県松本市は友好都市関係にあるようです。その関係からか、日曜の午後2時、不定期で週1回、廊坊のとある場所で日本語教室が開かれています。先週に引き続き今日も参加をしてきました。

 廊坊師範学院の日本語学科生を初めとして、日本語に興味のある社会人の方まで様々いらっしゃいます。講師は廊坊で会社員をしている日本人の方で、毎回2時間程度フリートークで授業をします。日本語学科の学生は、その就職先に日系企業や通訳、翻訳などの職業を挙げます。本日はそれに関するお話で、学生にとっても貴重な情報だったのではないかと思ってます。また、講師の方は私より遥かに人生経験があるので話題も豊富。毎回私も参考になっています。

 廊坊には数人日本人の方がいらっしゃるようです。当たり前ですが、いずれも私より年上。40歳くらいの方が多く、日系企業で働いています。中国に来てから日本人にまだ1人しか会ってません。そのため、日本語教室は私にとっても情報交換の場になっており、毎週楽しみになっています。

 授業を受ける人は15元参加費として払い、そのお金は授業中の飲食等に使われます。私は教師という立場上払う必要はないようですが、お菓子を結構食べてるので若干申し訳ないですね・・・。

 さて、特別授業が終わって徒歩で学校へ。到着は夕方の5時半。中門にて会うと約束していた1年生4人とちょうど合流し、一緒に晩ご飯へ行きました。 

 彼女たちはまだ十分に話せませんが、とにかく旺盛です。友達が4人もいるからでしょうか。臆することなく話します。基本的には私から質問はあまりしません。これは彼女達の発話を引き出すためですが、案外うまくいきます。質問をしてくれれば私が話題を広げていく。一年生にはそうやって自信を付けさせるのが先決だと思ってます。上の写真は、単語を携帯で調べたり、話し合って答えを探しているときの写真です。かわいらしいですね。

○○怎么说?

 「○○ってどう言うの?」という感じでしょうか。中国語は分かってるけど、その日本語が分からない。そんなときによく学生が言うフレーズです。たくさんの学生と会話してきましたから、このフレーズは死ぬほど聞きました。私はそれに対して「なんて言うの?」と必ずからかいます。困った顔をして笑うので癖になりますね(笑)

 帰宅してまもなく、さっき一緒に食事した1年生から马さんから「今日は楽しかった」と微信が届きました。まだまだ語彙が少ないので定型文が多いですが、彼女達の様子から気持ちは十分伝わります。そして最後に画像も届きました。

 彼女の日本語能力ではまだまだ難しいのか、翻訳アプリを使ってのメッセージ。嬉しいのは”今後もっと日本語を勉強する”と言ってくれたことです。1年生と1時間半もみっちり会話するのは荒行かもしれませんが、そこで自分の課題が見えて、モチベーションの向上に繋がるのなら企画したかいがありました!

 彼女たちはまだ1年生。卒業するまで一緒に勉強したいですね~

日本語教師のお仕事

Posted by そうじ