【第1課】五十音図の読み書き

2019年2月17日一年前期 会話, 教案

 第1課では五十音図の読み書きを勉強します。


 

1.はじめまして

 1年生との顔合わせはこの授業が初めてになります。最初の印象が大切なので、教室に入る前から雰囲気や表情を作っておきます。

 授業が始まったらまず簡単に私の自己紹介。数分あれば終わります。質問なんかあれば受け付けてます。第1課は初めて見る日本人と初めて聞く生の日本語で緊張していますから、できるだけ慣れてもらえるよう、あまり本腰入れて授業はしません。

 

2.五十音を書いてもらう

 他の先生の授業でもおそらく既に勉強しているであろう五十音図。これを1人1行ずつ黒板に書かせます。ア行からワ行まで10人です。
 1回書いただけだとすぐ終わってしまうので、字が汚い、順番がバラバラなどといちゃもんつけて何回も書かせます。

 また、自由に書かせると、中国人の書き方として左上から横書きで書いてしまいます。すると後で行う発音練習で支障が出てしまうので、この時にちゃんと順番に右から縦書きで書かせます。

 

3.発音練習

 学生が書いてくれた五十音図を使って、一つひとつ発音を確認していきます。
 私が「あ」と言って復唱させます。1字につき3回。
 「お」まで言ったら「あいうえお」と通しで3回。
 ここでは何度もしつこくやります。

 ナ行が終わったら、数分時間をあげて各自練習させます。そして簡単なテスト。
 一人ひとり「あ」から「の」まで発音させ、間違っていたら指摘します。

 それが終わったら、次はハ行から最後まで。
 これもまた3回ずつ復唱、各自練習、テストと根気よく繰り返します。

 

4.連絡先交換

 1年生と連絡先を交換しておきます。これは学生に宿題を提出させるためです。

 

5.五十音図の発音を宿題に

五十音を全部読んで私に送ってください。発音が一つでも違う場合はもう一度です。ただし30秒以内。

 最後に1年生に宿題を課します。提出期限は1週間後の授業までとします。
 そして授業は終わりです。

2019年2月17日一年前期 会話, 教案