【第1課】五十音図の読み書き

1年生前期会話

 教案には既に一年生前期の授業一覧があるのですが、今年も少し工夫を加えて新しいことに挑戦してみようと思います。
 数年後になるかもしれませんが、いずれ全部の内容を一つにまとめて確立させるつもりです。
 なので今学期も順を追って1年生の授業を紹介していきます。

 まず授業前にいろいろ用意しておくものがあります。
 1つは五十音図の書き方の参考です。ちょうど上のようなものを人数分印刷しました。
 普段使用する教科書にも書いているのですが小さいです。書き方から学ぶには多少大きく見やすいほうがいいでしょう。

 もう一つは五十音の書き方を練習するのに使う紙です。
 マス目のついたものを選びました。これらは授業中に使います。

 授業開始。
 まずは簡単に自己紹介。名前と年齢と経歴と、2分もあれば終わります。
 多くの秘密を残しておくくらいがちょうどいいんですよね。

 その後は、他の先生の授業で既に習っているであろう五十音図を学生自身に黒板に書かせます。
 1人ずつ1行を担当します。あかさたなはまやらわで10人ですね。
 字が汚い、順番がバラバラなど何かといちゃもんつけて、3回くらい書かせました。

 正しく綺麗にかけましたら、次は1文字ずつ発音の練習。
 私が「あ」と言った後に学生も「あ」と言い、これを3回繰り返します。これを「ん」まで根気よく。
 次に1行ずつの発音練習。「あいうえお」「かきくけこ」…を再び3回ずつです。

 3分くらい個人練習の時間を与えて、一人ずつ発音を聞いていきます。
 もしダメなら発音のポイントを教えて注意をします。ここでは深く注意するのではなく、あくまでも軽く。

 
 発音練習はここまで。

 次に用意した大量の紙を全員に配ります。初回は発音もそうですが、まずは書いて読めるようになることも目標の一つです。
 その紙には「あ」から「ん」までをそれぞれ36回ずつ書きます。紙は私の自費でした…。
 「あ」と1回書いたら、口で「あ」と発音してみようと促して、授業の終わりまでそれをひたすらさせます。
 これは次回までの宿題にします。

 授業の終わり5分前に学生の手を止めさせました。
 私の微信の連絡先を教えて、学生全員に登録させます。そしてもう一つの宿題。
 「あ」から「ん」までを読んで、音声を私に送ること。1つでも正しく読めなければ全部やり直し。

 そして授業終わりです。
 過去3回の1年生初回の授業に比べたらかなり厳しめ。
 特に交流という交流もありませんが、このくらいのほうが気が楽と言えます。

 先学期から考えているのは、私が行う授業から学生が主体的に行える授業にしたいと思うようになりました。
 今学期もその方針を忘れずに教案考えたいと思います。

1年生前期会話

Posted by そうじ