一年生歓迎会でのバンド演奏のお話を頂く

日本語教師のお仕事

 先日2年生の授業冒頭で、先学期同じバンドのボーカルを務めた女の子が私に「もうすぐ一年生歓迎会があります。バンドをします。」と言いました。
 時間はまだ分からないとのことですが、どうやら私がまた参加することも決まっているようで、メンバーも以前と同じだそうです。

 一年生は今週末に来て、1週間の軍事訓練を経た後に確か再来週には授業があったはずです。
 一年生が落ち着く頃を見ての歓迎会でしょうから、おそらく国庆节後だと思うのですが…
 前だとすれば練習の時間がありません。

 やりたい気持ちとやりたくない気持ちが半々。
 以前の演奏ではステージ上にアンプがなくて、自分で音の調整できなかったんですよね。
 人がいるだけのステージは妙に殺風景で雰囲気出ませんって。
 だから次はちゃんとした設備の中で弾ければいいのですが… たぶんそうはいかないんでしょう。

 ここだけの話、うちの軽音サークルは日本の大学生に比べて随分技術が劣ります…
 学生のみならず、近場のライブハウスなんかのレベルを見てもかなりひどいです。
 学生のほとんどは集団生活ですから、楽器を自由に演奏する環境が整ってないことや勉学優先の雰囲気がそうさせていると思います。

 なので一緒に練習する時間を増やしたいのですが、連絡がほぼ直前に入ってくる始末ですからそれも叶いません。
 付け焼刃程度の演奏で妥協するのはちょっとつらいですね。

日本語教師のお仕事

Posted by そうじ