スピーチの授業をどうやって取り入れるか

日本語教師のお仕事

 この夏休みに授業構成を大きく変更しないといけないかなと思ってます。主任の意向に沿った内容を取り入れなければいけません。それに伴って来学期以降は授業のカリキュラムも変わります。

 新しく3年後期の授業が新設されました。これによってスピーチや弁論に特に力を入れる必要が出てきました。

 1年前期 基礎文法
 1年後期 初級文法
 2年前期 ディスカッション
 2年後期 ディベート
 3年前期 ディベート
 3年後期 未定

 今まではこうしてました。でもディスカッションは対立構造を作り出しにくいのであまり盛り上がらないので別のに変えたいと思っています。
 一方ディベートはかなり盛り上がります。テーマさえあれば1年ずっとやってもいいと思っているくらいです。

 問題は2点。

 1.ディスカッションを無くすとして、初級文法から次すぐディベートというのはハードルが高いので、やはり何か敷居のあまり高くない、かつ発話を多く促せるような内容を考え出さないといけない。

 2.主任の強い要望でもあるスピーチをどのように授業に組み込み、まだどのように指導していくか。2年生から始めるのが妥当だと思うが、その場合ディベートとどのようにすみ分けしていくか。

 
 ディベートっていうのは私が今までやってきた中で最高の授業です。
 私の発話は授業冒頭にテーマを与えるときのみに限り、あとはほとんど学生の発話を促せます。これは”会話”の授業の理想形ですから切り捨てるわけにはいきません。

 現実問題、これら全部やろうと思えばやっぱり授業のコマ自体増やすしかないと思いますが、それは主任によると単位の話と関係してくるので難しいそうです。
 限られた時間の中でディベートもスピーチもという選択はどっちつかずになってしまう恐れもあってやりたくないのですが、この辺りどうバランス取ればいいのか悩みの種です。
 

日本語教師のお仕事

Posted by そうじ