夕方の天津は大渋滞する

日本語教師のお仕事

 天津の話④です。
 スピーチが終わって帰ることになりました。

 スピーチコンテスト自体は午後5時半くらいに終了。
 選手たちは壇上で記念撮影している間、私は同じく会場に来ていた主任や学生と色んなことを話しました。
 これはかなり重要な話ですから、後々別の記事でまとめたいと思います。

 高鉄は7時過ぎ出発ですから、会場となった天津外国語学院からタクシーで行けば40分~50分くらいです。
 あと30分くらい余裕があるとみて、再度座って学生と雑談してました。
 スピーチに関連した「貿易摩擦って何?」「AIについて教えてください」とかそういう内容でしたね。

 そして夕方6時私は帰ることにしました。
 タクシーに乗ったところ運転手さんが「めっちゃ道混んでる」って言い、「このままじゃあ45分かかるかな」とぼそっと。
 45分なら間に合うので気長に待ってたら、次第に渋滞はどんどんひどくなっていき、ついには「到不了(時間までに着けない)」と言われてしまいました。

 仕方ないから近くの地下鉄駅でおろしてくれと伝えて駅に駆け込んだら、今度は地下鉄は現金じゃないと乗れないとか意味分からんことを言い出して結局乗ることができず。
 天津の地下鉄は微信も支付宝も使えないんですねえ…。

 ここで高鉄出発まで30分くらいでした。
 この辺りで私はもう諦め、8時20分の普通列車で帰ることにしました。

 というわけでこの切符はもうゴミですね。
 お腹が空いていたので、気を取り直して天津駅付近でご飯を食べました。

 このご飯も時間めっちゃきつかったです!
 列車の出発は8時19分で、店に入ったのがその40分前でした。
 最低でも15分前には店を出ないといけないので、注文から完食まで25分。
 こういうご飯の食べ方は美しくなかったですね…

 列車に乗るのは確か2回目です。
 始めて乗ったのは今から3年以上前だったと思いますが、もうほとんど記憶にありません。
 列車は空調はあるもののあんまり清潔ではないので嫌いです。しかし今回ばかりは仕方なしとして我慢しました。

 結局廊坊駅に着いたのは夜9時半。
 そこから原付で散歩しながら帰り、10時頃帰宅です。

 
 まあ色んなことがありましたが楽しかったですよ!
 今回の教訓は、夕方の天津は大渋滞するです。
 全く考えもしませんでした。去年はちゃんとできてたのにね。