中国の運転手はバックミラーを見ない?

日本語教師のお仕事, 中国での生活

 今日は天津に行ってきました。天津と言ってもただの隣町ですけどね。理由は第十三届中华全国日语演讲比赛华北赛区、つまるところ日本語スピーチコンテストです。

 いろんなことが詰まった1日だったので、数回に分けて2018年6月2日(土)の1日をまとめていきます。

 まず朝出発。廊坊駅から天津南へ高鉄で向かいます。
 天津南からタクシーに乗ったんですが、今まで気づいてたけど写真撮って来なかったものがありました。

 中国のタクシーの運転手さんって、サイドミラーは見るけどバックミラー全然見ないんです。
 見ないというよりは角度がもう意味分かんないところに向いてて、そもそも備え付けている意味がない状態です。

 上の写真見て分かるかな? 運転手の目線からだと天井見えてます。
 たまに正常な角度のときもありますけど、それでも見てないことがほとんどです。私は運転するときバックミラーめっちゃ見るんですけどね…。

 中国では日本とは違い、タクシーの運転手だからといって二種免許が必要ということもありません。通常の免許だけでタクシードライバーになることもできます。
 ですからおそらくその他タクシー以外のドライバーもバックミラー見てない可能性高めですね。
 中国と言えど広いのでどこでもかは分かりませんが…。

 ちなみにタクシー50分で80元くらいでした。
 去年は45元だったのに、高くなってるのかなあ。

 天津の話は次回に続きます。

日本語教師のお仕事, 中国での生活

Posted by そうじ